国内

事故死、病死で処理されがちな「後妻業」 事件化されにくい

 妻と死別した男性や、離婚した高齢男性と結婚し、多額の保険金や遺産を受け取る女性を“後妻業”と呼ぶという。男性の寂しさにつけこんで、財産を手に入れるわけだが、必ずしも犯罪というわけではない。小説『後妻業』(文藝春秋刊)の著者で直木賞作家の黒川博行さんはこう話す。

「グレーなケースは山のようにあるはずです。高齢の夫が亡くなっても、その死の不自然さを疑う人はいません。例えば高齢者が明確な死因がわからない状況で死んだ場合、警察はほとんど事故死、病死として処理してしまう」

 日本の解剖率はわずか10%にも満たないことが政府の調査で明らかになっている(自由民主党政務調査会による調査)。超高齢社会に突入した日本では、「今後、後妻業はますます活発になる」と黒川さんは続ける。

「老人が増えれば後妻業が盛んになるのは容易に予測できます。後妻業が狙うのは金だけじゃありません。その人が持っている地位や名声、人脈などが狙われる場合もある。後妻業にはパターンがあるんです。まずは家財道具を夫の家に移し、住民票を移して、地域自治会の会合などに顔を出す。夫の妻であることを周囲にアピールし、すんなりと妻の座に納まるのが手口です」

 気をつけていても男はハマってしまう後妻業の罠。一方、夫に先立たれてしまった高齢女性は大丈夫なのか。

「女性は非常に用心深いですし、男と違って“自分の子供にお金を残したい”と思うから後妻業の逆パターンというのはあまり聞かないですね。ただし、その子供への愛情につけこまれてオレオレ詐欺にひっかかる女性は多い。“息子”から助けてくれと電話で泣きつかれると騙されてしまうんです。今後、どちらもどんどん増えていくんじゃないですか」(黒川さん)

 高齢者の孤独につけこむ“闇の職業”。子供たちが頻繁に連絡を取ることが唯一の手立てなのかもしれない。

※女性セブン2015年3月19日号

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト