スポーツ

白鵬に「ホゥッ!」注意された琴勇輝 師匠後押しで発声継続

 大相撲春場所で一際大きな声援を受けている力士がいる。“怪物くん”逸ノ城でも、イケメン力士・遠藤でも、地元大阪出身の豪栄道でもない。立ち合いの直前、自ら気合を入れるため「ホゥッ!」と吠えることで人気の琴勇輝(佐渡ヶ嶽部屋)である。

 場所に先立つ2月24日に行なわれた力士会で、司会進行役だった横綱・白鵬から、同じく立ち合いで吠えるクセのある千代鳳(九重部屋)とともに名指しで注意された。

「犬じゃないんだから、吠えるな! やめろよ!」

 そのため、この春場所では、本当に吠えなくなるかが注目された。しかもこの両者、番付が同じ前頭12枚目同士ということもあって、初日からいきなり「吠え力士」対決が実現。

 両者が登場すると、館内から「声を出していいんだぞ!」という声援が飛ぶ。それに合わせて「そうだ、負けるな!」と別の激励も起きる。迎えた最後の仕切り。千代鳳は自粛したが、琴勇輝がいつも通り「ホゥッ!」と吠えると、館内には拍手とやんやの大歓声が湧き起こった。

 琴勇輝は相撲には敗れたが、花道を引き揚げる際には勝った千代鳳より大きな拍手が送られた。続く2日目には幕内の土俵入りから大声援が浴びせられ、取組前の仕切りでまた「ホゥッ!」とやると喝采が上がった。

 初日に“発声”を控えてしまった千代鳳は「オレは怖くてできなかった」と支度部屋でうなだれ、「琴勇輝関は男前だ。カッコいいよね」と尊敬の眼差し(?)を送っていた。

「琴勇輝がいつも通り吠えた理由は、師匠の佐渡ヶ嶽親方(元関脇・琴ノ若)が協会の意向を受けて、“横綱の言葉は気にするな。好きなようにやれ”と伝えたから。実は他の関取衆からも、琴勇輝に同情する声は多かったんです。

 力士会の後には“横綱だってダメ出しとか懸賞金の受け取り方で問題が多いじゃないか。ユウキ(琴勇輝)のことをいえる立場じゃないよ”と白鵬の態度に反発する声が出ていたし、支度部屋では“千秋楽まで続けろよ”と琴勇輝にエールを送る関取もいました」(相撲担当記者)

 さて、こうなると気になるのは、白鵬vs琴勇輝という因縁の取組がいつ実現するかである。

「横綱とは前頭4枚目くらいまでの力士でないと対戦はない。前頭12枚目の琴勇輝が白鵬と戦うとすれば優勝争いに絡むくらいの活躍が必要だ。

 現実的には今場所で2桁勝って来場所で当たるのが最短。勝ち越しを続ければ、7月の名古屋場所か9月の秋場所には対戦が組まれるんじゃないか」(若手親方)

 平成の大横綱の目の前で、ひときわ大きな「ホウッ!」を発してほしい。その時、白鵬はどんな横綱相撲を見せるのだろうか。

※週刊ポスト2015年3月27日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト