スポーツ

田口壮氏 野球漫画で最強の魔球聞かれ「野茂さんのフォーク」

 オリックスではイチローらとともにリーグ連覇を達成し、米メジャーリーグでは、2度のワールドシリーズ制覇を経験した田口壮。出身高校は野球では無名の進学校、兵庫県立西宮北高で、甲子園とは無縁だった田口は、野球漫画ではちばあきおの名作『キャプテン』の愛読者だったそうだが、現在は『MAJOR』(満田拓也・作)を愛読しているそうだ。

「息子が買ってきた単行本が家に転がっていてたまたま読んだんですが、スタジアムの描写が本当にリアルで実に雰囲気をつかんでいる。自分がもがいていた頃をつい思い出してしまうほど。“作者はメジャーリーガーだったんじゃないか”と思ってしまうくらいです(笑い)」

 田口氏が過酷なマイナー生活を経験していることもこの作品にシンパシーを感じる理由だ。

「主人公の茂野吾郎は鳴り物入りでメジャーに迎えられるわけではなく、マイナーリーグから挑戦して徐々に上を目指していく。そこに共感しました。微妙な評価でメジャーに昇格したり、またマイナーに落とされたりという僕も経験した現実が怖いほど精密に描かれています。

 印象的なのは、マイナーリーグで吾郎がデッドボールを当ててしまったバッターに謝りにいくシーン。そのバッターは〝気にするな。球を怖がっていたら打者は務まらない”という内容のセリフをいうんです。

 メジャーの変化球は凄くてスピードも角度も日本とは全然違う。スライダーなんて本当に体をえぐるように入ってくる。でも、そんなボールに当たる覚悟で食らいついていかないと、メジャーへはのし上がれない。このセリフは、まさにメジャーリーガーの気迫を代弁しています」

 田口氏に「野球マンガ史上、最強の魔球は何か」と訊くと、星飛雄馬(『巨人の星』梶原一騎・原作/川崎のぼる・画)の大リーグボール、番場蛮(『侍ジャイアンツ』梶原一騎・原作/井上コオ・画)の大回転魔球……。数多くの名前が挙がったが、最後に思い直してこういった。

「やっぱり自分が実体験した魔球にはかないません。野茂英雄さんのフォークです。あの落ち方はすさまじくて、本当に目の前から“消えた”んです」

※週刊ポスト2015年3月27日号

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン