• TOP
  • 芸能
  • 黒木華、吉高由里子、永作博美ら「離れ目和顔」がモテる理由

芸能

2015.04.04 07:00  NEWSポストセブン

黒木華、吉高由里子、永作博美ら「離れ目和顔」がモテる理由

和風な顔立ちと雰囲気が人を惹きつける黒木華

 ファッションやメイクは「脱力系」がトレンド。浜崎あゆみ人気に端を発したデコ目&デカ目ブームは落ち着き、“離れ目の和風顔”に人気が回帰している。芸能界でも、映画界で引っ張りだこの黒木華や、新ドラマ「ドS刑事」に主演中の多部未華子、吉高由里子、人気上昇中の足立梨花など、ふわっとした雰囲気の「離れ目和顔」女優の活躍が目立つ。

 ネット上に「求心顔」と「遠心顔」とで好みを比べるサイトも多数あるが、男性目線では「離れ目は動物的なかわいさがある」などと「遠心顔」の方が断然人気の様相。目を大きく見せることは女性にとって永遠のテーマだが、意外にも男性からは「デカ目は色気を感じない」などの声が上がり、「モテ」では離れ目顔に軍配が上がるようだ。

 実は、離れ目人気は動物として根拠があることだという。赤ちゃんや動物の子供など、「ベビーシェマ」といわれる子供のような姿形の特徴に人はかわいさを感じてしまうものだと、動物行動学者のローレンツ博士は説いている。その特徴のひとつが、「目と目の間が離れている」。確かに、アザラシの赤ちゃんや、永遠の愛されキャラ・キティちゃんを見ても歴然。幅広い年齢層に長く支持されている永作博美やYUKIも、離れ目で薄めの顔立ちの童顔が男女問わず人気だ。

 上に男性側の離れ目人気について挙げたが、女性側にもその傾向は見られる。美容のトレンドを見ても、ファッションやメイクは“ゆるふわ”が人気。「VOGUE」などのファッション誌によると、今シーズンはカラーレスで素肌っぽいメイクがトレンド。この春は、前の晩にメイクを落とさず寝てしまったような、ぼかし気味のアイメイクに目の下チークなど、ナチュラルだが無防備で、どこかセクシーな“二日酔い”風メイクが旬だという。

 ビューティージャーナリストの前田美保さんは、以前流行った、目を大きく見せるデコラティブなメイクは古く、ナチュラル志向になってきていると語る。

「人気モデルの野崎萌香ちゃんもそうですが、柔らかい“ふわ顔”“ぽわ顔”が人気なのは確か。印象として、お人形さんのように作りあげるドーリィなメイクはなくなりましたね。目を大きく見せるために、マスカラたっぷりのひじきまつ毛をぐっと上げたり、アイラインで目を全部囲うような、デコる感じはなくなりました。メイクは目元に明るい淡い色をいれて女らしさを演出したり、柔らかい印象にするのが主流です。

 エクステを外す人も結構多いです。つける場合も、今は着けているとわからない、もともとまつ毛がふわふわしている人だと思わせるナチュラルな感じが人気。目元重視でボリュームを出すよりは、色も茶色なじみで細く、すっと長く軽くが人気です。眉も太眉になっていますから、目元はふわっとさせる流れです」(前田さん)

 どちらかというと地味な「離れ目和顔」に人気が集まっているのも、背景にナチュラル志向があるようだ。「離れ目和顔」が今魅力に映っている理由は、「親しみやすさと、自分を投影できるところ」と前田さんは分析する。

関連記事

トピックス