ライフ

最新ライフ記事のRSS

戦国武将 「ゆるキャラ化」に続いて「2.5次元化」が進行中

2015.04.11 16:00

「生身の人間がアニメやゲームのキャラを演じ、限りなく2次元的な存在に近付くことを2.5次元化と呼びます。武将隊の皆さんは勉強家の方が多く、演じる武将や時代についてとても詳しく調べ内面をしっかり演じています。パフォーマンスや交流会、SNSでの『なりきり』ぶりは素晴らしい。ゆるキャラにも歴史上の人物を名乗るキャラが存在しますが、武将隊ほどなりきったキャラは存在しません。2.5次元化の究極進化系といえるでしょう。

 一方のゆるキャラ・ご当地キャラは着ぐるみで肉体を獲得し、TwitterなどのSNSを利用してコミュニケーションをとることで2次元から2.5次元化しています。出発点は異なりますが、お互い2.5次元化しているもの同士なので武将隊と相性がよいといえます。共演が多いのもうなずけますね」(前出・犬山さん)

 武将隊は、地域全体のPR活動と同行する機会が多いため地元のご当地キャラと共演する機会が多い。また、ご当地キャラと同じような役目を担うことも多く、大坂の陣400年天下一祭のPR武将隊として昨年、結成されたばかりの「大坂RONIN5」は4月9日の成田空港第3ターミナルのオープニングイベントへ、大阪代表として熊本県のくまモンや千葉県のチーバくんなどの着ぐるみキャラに交じって登場した。

「大坂RONIN5」は、もっとも最近結成された武将隊のひとつ。これまでは武将が現代によみがって活動しているケースばかりだったが、RONIN5の場合は大坂の陣で活躍した真田幸村らが現代に転生しているのが他と異なる。さらに戦隊ヒーローのようにイメージカラーがはっきりしているので「色で区別できるから、戦国時代がわからない小さなお子さんにも親しみやすいようです」(明石掃部役の永井礼佳さん)。

 武将として新人の彼らは、イベントなどで出会う他地域の武将たちからの歓迎ぶりに驚いたという。

「信州上田おもてなし武将隊や伊達武将隊の皆さんとは、真田幸村どうしの交流をさせてもらいました。グレート家康公葵武将隊の皆さんからは『ずっと会いたかったんですよ』と熱烈なあいさつをいただいて驚きました。武将隊としては僕らは一番の若手なので、何かと気にかけていただいているようです。大坂の陣で考えると敵味方の関係なんですけどね(笑)」(真田幸村役の井上拓哉さん)

 前出の犬山さんによれば、ゆるキャラ・ご当地キャラどうしが仲良く交流する様子をファンは求めており、SNSなどで触れ合う写真が公開されると喜んでシェアするという。事情は武将でも同じようで「FacebookやTwitterで他の武将隊の人たちと撮った写真を載せると、反響が大きい」(後藤又兵衛役の吉本考志さん)という。

 ゆるキャラ・ご当地キャラは日本の文化として定着しつつある。より熱狂的なファンが多いと言われるPR武将隊も、同じように2.5次元化したことでクール・ジャパンのひとつとして定着するのかもしれない。

「生身の人間がアニメやゲームのキャラを演じ、限りなく2次元的な存在に近付くことを2.5次元化と呼びます。武将隊の皆さんは勉強家の方が多く、演じる武将や時代についてとても詳しく調べ内面をしっかり演じています。パフォーマンスや交流会、SNSでの『なりきり』ぶりは素晴らしい。ゆるキャラにも歴史上の人物を名乗るキャラが存在しますが、武将隊ほどなりきったキャラは存在しません。2.5次元化の究極進化系といえるでしょう。

 一方のゆるキャラ・ご当地キャラは着ぐるみで肉体を獲得し、TwitterなどのSNSを利用してコミュニケーションをとることで2次元から2.5次元化しています。出発点は異なりますが、お互い2.5次元化しているもの同士なので武将隊と相性がよいといえます。共演が多いのもうなずけますね」(前出・犬山さん)

 武将隊は、地域全体のPR活動と同行する機会が多いため地元のご当地キャラと共演する機会が多い。また、ご当地キャラと同じような役目を担うことも多く、大坂の陣400年天下一祭のPR武将隊として昨年、結成されたばかりの「大坂RONIN5」は4月9日の成田空港第3ターミナルのオープニングイベントへ、大阪代表として熊本県のくまモンや千葉県のチーバくんなどの着ぐるみキャラに交じって登場した。

「大坂RONIN5」は、もっとも最近結成された武将隊のひとつ。これまでは武将が現代によみがって活動しているケースばかりだったが、RONIN5の場合は大坂の陣で活躍した真田幸村らが現代に転生しているのが他と異なる。さらに戦隊ヒーローのようにイメージカラーがはっきりしているので「色で区別できるから、戦国時代がわからない小さなお子さんにも親しみやすいようです」(明石掃部役の永井礼佳さん)。

 武将として新人の彼らは、イベントなどで出会う他地域の武将たちからの歓迎ぶりに驚いたという。

「信州上田おもてなし武将隊や伊達武将隊の皆さんとは、真田幸村どうしの交流をさせてもらいました。グレート家康公葵武将隊の皆さんからは『ずっと会いたかったんですよ』と熱烈なあいさつをいただいて驚きました。武将隊としては僕らは一番の若手なので、何かと気にかけていただいているようです。大坂の陣で考えると敵味方の関係なんですけどね(笑)」(真田幸村役の井上拓哉さん)

 前出の犬山さんによれば、ゆるキャラ・ご当地キャラどうしが仲良く交流する様子をファンは求めており、SNSなどで触れ合う写真が公開されると喜んでシェアするという。事情は武将でも同じようで「FacebookやTwitterで他の武将隊の人たちと撮った写真を載せると、反響が大きい」(後藤又兵衛役の吉本考志さん)という。

 ゆるキャラ・ご当地キャラは日本の文化として定着しつつある。より熱狂的なファンが多いと言われるPR武将隊も、同じように2.5次元化したことでクール・ジャパンのひとつとして定着するのかもしれない。

前のページへ

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP