芸能

大泉洋 フジテレビキャリアウーマン妻の影響でお受験パパに

長女が有名私立に入園した大泉洋

 冷たい雨が降ったりやんだりする肌寒い4月上旬のとある朝、都内の有名私立幼稚園で入園式が執り行われた。小さな体に真新しい制服を着た子供たちが、両親や祖父母に付き添われてやってくる。その中には、阿部寛(50才)や中村勘九郎(33才)、篠原涼子(41才)・市村正親(66才)夫妻など芸能人も多数。そして、ドラマプロデューサーの妻(45才)と長女(3才)と並んで歩く大泉洋(42才)の姿があった。

 長女を真ん中に手をつないで歩く3人。水玉のコートを着た長女はぴょんぴょんとジャンプしながら、とても楽しげな様子だった。

 放送開始から2週続けて平均視聴率が20%を超える好発進を見せたNHK連続テレビ小説『まれ』で、土屋太鳳(20才)演じる主人公・津村希の父役の大泉。ドラマの中では「人生にはでっかい夢が必要なんだ」と熱く語るものの、事業に失敗して借金を背負い、出稼ぎに行ったまま6年も帰らないちゃらんぽらんなダメ親父だが、その素顔はお受験パパだった。

 大泉の妻は、現在フジテレビのドラマ制作センターの副部長を務めるバリバリのキャリアウーマン。それもあってか、出産直後から長女の習い事やお受験、学校選びなどにかなり力を入れていたという。あるお受験塾関係者が明かす。

「わが子に少しでも良い環境で、良い人生を送らせてあげたいと願うのは親として当然のことです。各家庭で異なるので一概にはいえませんが、特に親自身が幼稚園受験や小学校受験を経験していたり、比較的高学歴だったりすると、子供にも私立の学校を受験させる傾向があります。

 一方で、自身の学歴にコンプレックスがあり、“せめて子供だけはいい学校に”という考えから幼稚園、小学校から大学直結の学校を受験させるかたもいらっしゃいますね。ほとんどのケースで、最初は母親のほうがお受験に敏感なことが多い印象です。ママ友や会社の同僚などの間で話題にのぼり、自身でも学校や塾、勉強法について調べはじめ、徐々に熱が入っていくんです」

 当初、大泉は「のびのびと育ってくれればそれでいい」という考えだったようだ。

「大泉さんは、北海道の大自然の中で自由に大らかに育ってきましたからね。それに大学受験で二浪しましたが希望の大学に合格できませんでした。それは大泉さんにとって大きな挫折だったようで、別の大学に入学したものの何事に対してもやる気がまったく起きなかったそうです。そんな経験もあって、青春時代を思う存分楽しむためにも自分の子供には勉強や受験に縛られずに育ってほしいと思っていたそうです。

 奥さんから幼稚園受験の話を聞かされた大泉さんは、やはり最初は難色を示したそうですよ。でも、いろいろ調べていくうちに今回入学させたような大学までエスカレーター式の学校なら、10代の終わりの多感な時期に受験の大きな壁にぶつからずに済むと考えが変わっていったんじゃないですかね」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年4月30日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン