ビジネス

ベンツ先代S550 新車1500万円超が中古で200万になることも

 幼少時にカーマニアとなり、現在もカーマニアで、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、オッサン世代の究極の夢であるという「美女と温泉でしっぽり」を目指してクルマを選んでみた。そのなかから、とかく値段が高く、自分には手が届かないのでは……というイメージが強いベンツにお得に乗れる方法を紹介する。

 * * *
 世の中には中古車という手がある。特に輸入車の場合、多少古くなってもオーラが落ちない。美女は概して新型も旧型も区別がつかない。狙い目だ。

 最近私の知り合い(普通のサラリーマン)が、中古の先代ベンツ・S550を購入した。新車時には1545万円もした超高級車だが、知り合いの中古車屋から9年落ちを150万円で買ったという。

「そんなのまともに動くのか?」

 そのように思われるかもしれないが、まともどころかバリバリ走り、周囲には畏敬のまなざしを向けられ、近所のガソリンスタンドでも最敬礼されるようになったという。性能的には言うまでもなく無敵。美女との温泉ドライブも近そうだ。

 ベンツの、特にSクラスなどの大型モデルは、中古車になると値落ちが激しい。先代S 550の中古車相場はざっくり200万円から。150万円というのは格安のお友達価格で保証も皆無だが、それにしても1500万円超のクルマが200万円で買えて、世間の目は1500万円のままとはお買い得ではないか。

「でも壊れたら大変だろ?」

 それはあるが、リスクのないところに勝利はなく、近年は信頼性が格段に上がり、リスクも小さくなっている。約500万円出して新車のスカイラインを買うより、中古のベンツSクラスを200万円で買って美女との温泉ドライブに備える方が、男のロマンとしてでっかいのではないか。

◆清水草一:編集者を経て、フリーライターに。「自動車を明るく楽しく論じる」がモットーの53歳。現在、フェラーリ・458イタリア、BMW・335iカブリオレ、トヨタ・アクアを所有。日本文藝家協会会員。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号

関連キーワード

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン