ビジネス

元メガバンク支店長が指南 「親子の資産は連結させるべし」

「お金を考えることは家族を考えることです」と菅井敏之氏

 相続税の課税対象が広がったことや、将来の介護不安などから、親がどれくらいお金(財産)を持っているか知りたいと思っている現役世代は意外に多いのではなかろうか。しかし、「オヤジさぁ、いくら貯金あるの?」なんて突然切り出しても、「何でお前に教えなきゃいけないんだ!」と機嫌を損ねさせてしまうのが関の山だろう。

 そこで、元メガバンク支店長で『家族のお金が増えるのは、どっち!?』(アスコム)の著者である菅井敏之氏に、親子間でアンタッチャブルになっている“懐具合”を上手く探り出すコミュニケーション術を伝授してもらった。

 * * *
――親の経済状態を知ろうとすることは不謹慎なのでしょうか?

菅井:そんなことは全くありません。親にお金がなければ、歳を取って介護が必要になった場合にどう金銭面で支えていくかを考えなければいけませんし、資産があったらあったで、兄弟間の相続争いに発展しないとも限りません。親の資産の「引き継ぎ」は早めに確認しておく必要があります。

 親の財産を知らなければ、たとえば子供が相続するはずだったお金が、銀行のすすめる投資信託に回され、気が付いたら資産が半分に減っていたなんて事態にもなりかねません。親の財産を「守る」ことも子の大切な役割なのです。

――とはいえ、親の経済状況を聞くことは容易ではありません。

菅井:1年に1度しか実家に帰らなかったり、電話もろくにしないような子供に、自らお金の話をしようと思う親はいませんよ。週に1回の電話でもいいから、親とのコミュニケーションを密に取ることが大事です。「今週は何したの?」「病院の検査結果はどうだった?」など、親に関心を持って心を開いてもらわなければ何も始まりません。

――いざ、本題を切り出そうと思ったら、どうすればいいのですか?

菅井:心を通わせただけで、親の財産を知る権利ができたと考えるのは大間違いです。まずは子自らの「資産内容」や「将来考えていること」を親にオープンにするべきです。

 方法としては、現金、預金、株式、不動産などの項目を挙げ、住宅ローンなどの〈負債〉も紙に書き出します。そこに子供の受験や親との家族旅行など将来予定しているイベントも加えたライフプラン表を作成します。子供が「エンディングノート」やライフプラン表を買いて親に渡し、さりげなく親の分もプレゼントすればいいのです。

――確かに子供から先に資産公開すれば、親もマネープランが立てやすいですよね。

菅井:子供にこのようなノートを見せられて感心しない親はいないはずです。こうすることで、「孫が私立に行くなら、このくらい援助しようか」とか「家を壊してアパートを建ててから相続しよう」など、親の支援を受けられる見込みが立つかもしれません。

〈お金のことを考える〉ことは、〈家族のことを考える〉ことなのです。そこを透明化しておかなければ大塚家具のように骨肉の争いになってしまいます。親子でもホウレンソウ(報告・連絡・相談)は欠かせません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン