芸能

勝野洋 いつ剣の仕事来てもいいように木刀を毎日振っている

 役者デビューからしばらくドラマで現代の好青年を演じ人気を集めた勝野洋だが、『風の隼人』への出演から時代劇にも活躍の場を広げ、今ではアクションも殺陣も本格的に演じられる俳優として知られている。殺陣を教わった東映京都撮影所での思い出について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 1970年代に『太陽にほえろ!』『俺たちの朝』といった人気テレビドラマに相次いで出演して人気俳優となった勝野洋は1980年代初頭、テレビシリーズ『柳生あばれ旅』や映画『燃える勇者』に出演。千葉真一率いるJAC勢と激しいアクションを繰り広げている。

「千葉さん、真田広之さんと『柳生あばれ旅』をやった時は半年間、妻と子供を連れて京都に引っ越していました。

 東映京都撮影所には菅原俊夫さんという殺陣師の方がおられるんですが、この人にビッチリ教えられました。菅原さん、監督がOKを出しても『あかん』と言うんですよ。それで長い殺陣を付けてくる。『どのくらいできるか見てやろうか』って言って。僕は立ち回りが好きだから、長いほど嬉しかった。そういう立ち回りの撮影が毎日ありましたから、実戦の中で覚えて、槍も使えるようになりましたね。

 JACの連中とやる時は同じことをさせられました。ワンカットで屋根の上からカメラの前に飛び降りて着地する……とかも千葉さん、真田さんと三人でやりました。スタントなしです。やりたかったんで、やっちゃいました。『燃える勇者』で大井川鉄道の車両の上で立ち回りをやりながらトンネルに入る時は、さすがに怖かったですが」

 今もスペシャル版で新作が作られている中村吉右衛門主演『鬼平犯科帳』では、連続ドラマ時代の第三シリーズから出演。勝野の演じる同心・酒井は吉右衛門扮する長谷川平蔵の側近であり、終盤になるといつも切れ味の鋭い立ち回りを見せている。

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン