ビジネス

衣類保管サービスが活況 背景にクリーニング需要の低下あり

衣類のクリーニング付き保管サービスは定着するか

 今年は4月まで肌寒い日が多かったせいか、ゴールデンウィーク明けになってようやく冬物衣料のクリーニングや収納をまとめてやろうとしている人もいるだろう。特に家族の多い主婦にとって「衣替え」は一仕事だが、そんな労力を省いてくれる新しいサービスが人気だ。

「ダウンジャケットやコート、セーターなど厚手の衣類をクリーニングしたうえで、また寒くなる時期まで保管してくれるサービスがあり、今年から利用することにしました。

 6着預けて1着あたり1000円ちょっとなので、普通にクリーニングに出す値段と変わらないですし、何よりもかさばる衣類を収納する場所を考えなくていいので助かります」(神奈川県在住40代主婦)

 彼女が依頼することにしたのは、イオングループの「カジタク(東京・中央区)」が店頭やインターネット上で行っている家事代行サービスのひとつだ。手続きは申し込みキットに入っている回収袋に衣類を詰め、着払いの宅配便で送るだけ。その後、衣類はきれいにクリーニングされ、最長9か月間預かってもらえる。

 イオン以外でも同様のサービスを提供する業者は多い。

 クリーニング会社の「喜久屋(東京・足立区)」や、大手通信販売会社の「千趣会(大阪・北区)」でも衣類のほか、靴や布団など預かり品を増やすことで、消費者の片づけニーズに細かく応えている。温度や湿度に配慮した専用倉庫で保管するため、「梅雨時期など防虫・防カビの心配がいらない」(前出の主婦)のも利点だ。

 いわば保管料は無料のクリーニングサービスを手掛ける業者が増えている背景には、クリーニングビジネス自体が大きな「転換期」を迎えていることと無関係ではないだろう。消費生活アドバイザーの和田由貴さんがいう。

「いまはスーツでも洗濯機で丸洗いできる素材のものが多いですし、街中のクリーニング店は衣類を出しに行ったり持ち帰ったりと手間がかかるため、消費者の利用機会はだんだん減っています。

 その一方で、私もよく利用しているのがネット型の宅配クリーニングです。注文から預け入れ、仕上がりまで自宅に居ながら宅配業者がしてくれるので忙しいときに便利なのはもちろん、値段が店舗型より断然安いのが魅力です。

 たとえば、高額な着物のクリーニングでも店舗で1着6000円以上するものが、ネットなら2000円以下でやってくれる中小の業者もあります。今後はこうしたネット型が主流になり、価格競争は一層激しくなっていくでしょうね」

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン