芸能

女子アナの球場取材 ポロリ防ぐために胸元に両面テープ貼る

球場取材の裏側を語る元TBSの新井麻希アナ

 寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)──。集ったのは民放キー局出身の人気アナたち。「アナウンサーの秘密」についての座談会は大いに盛り上がった。

寺田:『ひょうきん族』は、スタッフから「派手な衣装で」といわれていました。珍しく衣装がタイアップで借りられましたが、店に自分で選びにいくのが大変でした。当時はそれ以外の番組では、基本的に私服で出演していました。

亀井:競馬番組を担当したとき、ディレクターさんから「視聴者は男性なので、ある程度露出のある服を着てほしい」とお願いされました。それを自腹で買いに行くんです。

 テレ東は衣裳手当が年間7万円ありました。でも足りずに給料から出していました。ボーナスを取り崩して洋服を買い、なくなった頃にまたボーナスが来るという生活。ユニクロやZARAは安くて本当に助かりました。
 
新井:TBSは夏に5万円、冬に7万円が2年に1度出ます。スポーツ担当だったので、球場取材に行くときには洋服に気を遣いました。前に屈んだときに、ポロッと見えないように胸元に両面テープを貼ったり。
 
亀井:かがんだときに後ろからパンツの見えた写真が週刊誌に載ると、すごく怒られるんですよね。あとスポーツ番組のスタジオでも、生放送で胸の谷間が出るとクレームがくるので、胸に両面テープを貼っていました。

新井:不思議(笑い)。

亀井:スポーツ番組で、胸を強調するためにわざと横からのカメラアングルで撮られることもありました。番組進行表を見ると「YC(横乳)」とか「UC(上乳)」と書いてあって(笑い)。オープニングでカメラが横に構えていると「今日はYCだな」って。

一同:え~!

寺田:昔は必要な場面なら水着も着ましたよ。『オールスター水泳大会』のレポーターのときに着ましたし、エアロビクスが日本に上陸したときにはレオタードを着ました。変な角度から撮られて、後で見て泣いたなぁ。

雪野:昔は小宮悦子さんだって水着になっていましたよ。

亀井 え~~!

雪野:私は水着で温泉に入ったり、湘南にロケに行ったりしました。「水着を着せるなら、買ってください」といったら、年に3着買ってくれた(笑い)。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年5月22日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン