• TOP
  • 特集
  • 「3人での行為」経験率 初体験年齢高い石川県が全国1位の背景

特集

2015.05.15 15:59  週刊ポスト

「3人での行為」経験率 初体験年齢高い石川県が全国1位の背景

 テレビやネットの普及や交通網の発達により、いわゆる「県民性」という単語もどんどん過去のものとなりつつあるが、それでも生まれ育った場所や住んでいる場所による影響を完全に消し去ることは難しい。

 そこで本誌は性行動における県民性を調べるべく、全国の成人女性3000人を対象に、インターネットを通じてセックスに関する大調査を実施した。回答者の平均年齢は42.0歳で、全員「セックス経験のある女性」である。

 この調査により、「3P経験」に関しては、都道府県ごとにどんな特徴が判明したのか? 『おんなの県民性』(光文社新書)の著者で県民性研究の第一人者、矢野新一氏とともに読み解いていこう。

【3Pを経験したことがありますか?】

1位 石川県 18.5%
2位 山口県 18.2%
3位 佐賀県 14.3%



45位 神奈川県 2.4%
46位 秋田県 栃木県 0%

 1位の石川は初体験年齢が23.8歳と最も高いだけに意外な結果だ。

「『加賀女に、うっかり手を出すな』という言葉があります。ガードは堅いけれど、一度決めたらトコトンやりぬく。初体験に出遅れた分を取り戻すために3Pなどにも積極的に興じるのでしょう。2位・山口と3位・佐賀は男性に頑固者が多いので、女性が3Pを拒みにくいのかもしれません」(矢野氏)

 最下位は秋田と栃木で経験率は0%。秋田はフェラ好き(2位)など“セックスに積極的”な結果が出ているが、同県在住の30代女性はこう自己分析する。

「私の周りでも3Pをしたという話は聞いたことがありません。男性から頼まれたら拒めないタイプは多いけど、“自分だけを愛してほしい”という気持ちが強いから拒絶するのだと思う」

“一竿主義”は秋田美人のプライドか。

※週刊ポスト2015年5月22日号

関連記事

トピックス