• TOP
  • 芸能
  • デビューへの苦悩語るSnow Man「一回散らばってもいい」

芸能

2015.05.20 07:00  女性セブン

デビューへの苦悩語るSnow Man「一回散らばってもいい」

 ジャニーズJr.の人気ユニットとして活動する「Snow Man」。タッキー&翼やKis-My-Ft2などコンサートに舞台に引っ張りだこで、デビュー目前とも言われているが、本人たちは次の新しいステージにどう進んでいくべきか、悩んでいるという。そんな6人が今、そして未来について語る。

 * * *
阿部亮平(21才):今、おれたちに足りないものってなんだろう…。

渡辺翔太(22才):ぼくらって思ったことをあまり口に出さないよね。空気読みすぎちゃう部分があって。6人ともややこしいことが嫌いだから。20代って年齢に慣れてきたこともあって、いち大人としての意見を言えるようになりたいなって。人間的な能力っていうのかな、個を高めていきたい。

深澤辰哉(23才):ちょっとしたことから意識を変えていきたい。滝沢(秀明)くんにも笑顔が足りないって言われるんだ…純粋に何でも楽しんだら? って。逆境すらも笑って乗り切りたい。

岩本照(21才):人って99%直感力で残りの1%で考えるんだって。でもおれらって99%より1%の方が強いと思うんだ。常に周りを見て考えて行動してるから。それで役に立ってるところもあるんだけど、それぞれが直感で動いたときが本当のSnow Manになるときかなって気がしてる。考える能力はあるから、直感で動けたときが最強だと思ってる。おれは一回Snow Manが散らばってもいいかなって。それぞれが力をつけて戻ってきたときは、無敵だと思ってる。

阿部:6人の対応力かな。いちばん欠けてるのはぼくだけど…。臨機応変って四字熟語がこんなに似合わないジャニーズがいるかっていうくらい。あとの5人も完璧ではないと思うんだ。だからさらに磨きをかけて、どんな状況もどんと来い的な状況を作り出せたら、本当のSnow Manが完成するんじゃないかな。

佐久間大介(22才):ガツガツ感。もっとガツガツギラギラしていいんじゃないかなって。先輩にも向かっていこうかなって。前に出る力が必要だよね。

宮舘涼太(22才):視野を広げる。周りにどんな状況が起こっても対応することと、6人の色。個性っていう自分の色を大事にしてほしいなって。あと、それぞれが大人になる力が必要かな。後輩たちも増えて甘えられる立場になったから、構えていたいなって。

──出演している先輩方のステージはSnow Manがいないと成立しない?

深澤:そう言われることも多いけど。

阿部:後輩育てなきゃって…。

岩本:でもそれっておれたちに関係なくない?

渡辺:後輩のせいにして言い訳してるみたいで。最近思うんだ、何でもこなせるっていうのもよくないのかなって。

宮舘:判断力とか、物事を言う力をそれぞれが備えていかないと。

渡辺:それをメンバーの中で言い合うだけじゃなくて、どう伝えていくかが今後の課題かなって。本当にバクチなんですよね、言ってよくなるのか悪くなるのか二択。

佐久間:それぞれの覚悟が必要だよ。

深澤:おれたちは、便利屋じゃないからね。

阿部:ビビってちゃだめなんだよ。

渡辺:オラオラしていかないとね。

──Snow Manはオラオラして見えるけど、誰もオラオラしてないですよね!?

宮舘:温室育ちなんだよね~。

佐久間:でも一人ぐらいオラオラした人がいてもいいかもね!

岩本:おれはダメだよ、オラオラしてないのにしてるように見えるから。

全員:(笑い)

深澤:じゃあ、おれがオラオラする!

渡辺:そうやってオラオラするもんじゃないからね!

阿部:じゃあ当面の目標立てよう!

佐久間:まずはクリエの公演(ジャニーズ銀座 東京・日比谷)を成功させること。

岩本:その次は俺たち6人の単独コンサート!!

渡辺:それから、『女性セブン』さんの表紙だね!

全員:よろしくお願いします!!

※女性セブン2015年5月28日号

関連記事

トピックス