• TOP
  • スポーツ
  • 長谷川滋利氏のMLB挑戦 野茂が「通用する」と太鼓判押した

スポーツ

2015.05.21 07:00  週刊ポスト

長谷川滋利氏のMLB挑戦 野茂が「通用する」と太鼓判押した

野茂英雄氏とのエピソードを語る長谷川滋利氏

 1995年に野茂英雄氏がメジャーリーガーとして海を渡り、L.A.ドジャースで活躍してから20年。今や日本人メジャーリーガーは通算50人を超える。

 その中でも、1997年1月に日本人初となる金銭トレードでオリックス・ブルーウェーブからアナハイム・エンゼルス(いずれも当時)に移籍した長谷川滋利氏は、実は1995年に野茂氏が海を渡る以前から、メジャー移籍に向けた準備を進めていたという。

「オリックス時代からオフの自主トレを米西海岸にするなどアメリカでの生活を見据えていました。昔からアメリカの生活に憧れていたので日本球界とケンカ別れせずに、円満にメジャー移籍する道を模索していました。当時は日米間の移籍ルールがなく、いろいろと交渉しているうちに野茂君が先にメジャーに旅立ってしまったんです」

 長谷川氏と野茂氏はともに1968年8月生まれの同い年。アマチュア時代から交流があり、メジャーについて熱く語り合う仲だった。

 長谷川氏が希望を胸にアメリカに到着した直後、電話が鳴った。声の主は、野茂氏だった。

「どうやって僕の電話番号を知ったのかわからないけど(笑い)、わざわざ電話をかけてきてくれた。野茂君は『お前は低めにしっかりと投げさえすれば、絶対メジャーで通用するから』といってくれました。本当に嬉しかったですね。円満な移籍をさせてもらえた僕を『羨ましい』とも話していた」

 長谷川氏は1997年4月5日のインディアンス戦でメジャー初先発。10日後のヤンキース戦のリリーフ登板でメジャー初勝利を飾った。

 そして6月18日、対ドジャース戦。4万6000人の大観衆で埋まったドジャースタジアムで、ド軍先発の野茂氏が粘りの投球を続けるなか、6回裏に長谷川氏がエンゼルスの2番手投手として救援登板した。

 初の日本人投手対決──歴史がまたひとつ動いた日だった。

「2人で語り合った夢が現実になったと実感して、本当に胸が熱くなった。感無量でした」

関連記事

トピックス