芸能

石丸幹二 役者としての重要なターニングポイントを振り返る

『半沢直樹』で注目を集めた石丸幹二

『半沢直樹』で嫌味な浅野支店長役を演じ、注目を浴びることとなった俳優・石丸幹二(49才)、もともとは劇団四季の看板俳優だ。本番前は声もかけられないくらい集中していたが、終わったとたん笑顔で話してくれる。そんな実力派俳優のターニングポイントとは? 石丸に密着した。

 劇団四季に17年間在籍し、歌も演技もこなせる看板俳優として活躍。端正なルックスも相まってミュージカルファンの間で絶大な人気を誇っていた、石丸幹二。広く知られるようになったのは、超高視聴率ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の、憎たらしい“浅野支店長”役だった。

「あの作品に出させていただいたことは、私の役者人生にとって大きな出来事だったと思います」

 現在は『アルジャーノンに花束を』(TBS系)で天才脳医学者・蜂須賀を、大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)では長州藩の重臣・周布政之助を演じ、公開中の映画『王妃の館』では、なんとルイ14世に扮するなど、引っぱりだこの石丸には、何度もターニングポイントがあったという。

「最初は、高校時代に学んでいたチェロをあきらめ、東京音楽大学でサックスを専攻しようと一大決心したこと。それなのに、音大時代にジェシー・ノーマンが歌う姿をテレビで見て衝撃を受け、東京藝術大学の声楽科を受け直したんです。これが、2つめのターニングポイント」

 在学中に劇団四季のオーディションを受けて合格。『オペラ座の怪人』で主要キャストに抜擢されてデビューする。

「3つめのターニングポイントは劇団を辞める決心をしたときですね。20代30代は舞台役者として全速力で走り続けていたのですが、40才を過ぎたころに気力と体力のズレを感じ始めたんです。レースから降りて考え直そうかな、と思ったのが41、42才のときでした」

 2007年末に退団。2009年からフリーの俳優として再出発し、2013年、『半沢直樹』と出合うことになる。

「いわゆる“嫌なヤツ”というのは、それまで演じたことがなかったんです。だから逆に、おもしろそうだと思った。『こんな顔されたら気分悪いだろうな』とか鏡の前で試してみたりと、けっこう研究してから撮影に臨みましたね」

 ドラマの人気につれ、街中で気づかれることも増えていったが…。

「みなさん、犯罪者を見るような目でごらんになるんですね、私を(笑い)。最初のうちはそれも楽しんでいたんですけど、だんだんつらい気持ちになってきてしまって…。撮影が終わったとたん、パーマをかけてヒゲを生やしました。新しい自分に生まれ変わりたい!と(笑い)」

 現在は7月の舞台作品『ライムライト』の老道化師役のことで頭がいっぱいだという。次のターニングポイントは、彼をどんな俳優に導いていくのだろうか?

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン