• TOP
  • 国際情報
  • 佳子さまへの暴言コラム書いた韓国人筆者に執筆意図を聞いた

国際情報

2015.05.27 11:00  週刊ポスト

佳子さまへの暴言コラム書いた韓国人筆者に執筆意図を聞いた

 韓国のネットメディア『デイリージャーナル』が〈もし機会があれば、日本皇室の佳子姫を慰安婦にするしかない〉と佳子内親王を侮辱する信じがたい記事を掲載した。筆者のチョン・ジェハク氏とはいかなる人物なのか。

「保守派の論客ですが、一般韓国人のほとんどは彼の名前を知らないでしょう。ただし一部には彼を“文豪”と呼ぶ保守系のメディアもあります」(ソウル在住ジャーナリスト)

 その存在感はむしろ日本での方が強いかもしれない。2012年8月に当時の李明博大統領が竹島に上陸して日本から批判を浴びた際には、「竹島を日本の領土と主張するのは覇権主義を継続しているからで、日本は猿のように卑怯な国家である。東日本大震災に続き富士山を中心にもう一度天罰が下る」とやはりトンデモ言説を繰り出して物議を醸した“前科”がある。

 彼を編集委員として登用する『デイリージャーナル』はソウルではなく地方都市の光陽市に拠点を構えている。本誌は同社を通じ、チョン氏に取材を試みたが、記事の威勢のよさとは裏腹に対面や電話での取材を頑なに拒否。担当者を通じてメールでなら回答に応じると連絡してきた。以下、そのやりとりから抜粋する。

──なぜこのような記事を書いたのか。

「戦争の犯罪国として反省しない日本の態度は世界中の怒りを買っている。平和を口にする彼らの二重性と偽善には吐き気がするほどだ。特に従軍慰安婦のおばあさんたちを馬鹿にする言行は日本の卑怯と野蛮を象徴している。日本の野蛮と人類の正義を知らしめるためにこの記事を書いた」

──佳子内親王の名前を使ったのはなぜか。

「従軍慰安婦のおばあさんたちが強制的に連行された時の年齢が、佳子姫と同じくらいの年齢だった。16歳の少女が1日で日本軍50人を相手にしたことを、彼女は真剣に考えなければならない」

関連記事

トピックス