国内

京都四条通250m通過に車で20分 歩行者優先改革に地元大迷惑

 京都の目抜き通りである四条通が騒がしい。京都市が進める四条通(烏丸通~川端通)の歩道拡幅事業が火種だ。歩道の混雑解消のため、片側2車線の車道を1車線にして歩道を広げる工事を昨年11月に開始した。
 
 さらに市はバス停を集約し、バスが最大3台停車できるスペースを確保。観光客への配慮だろう。これにより約1.1キロ区間で一般車の通過時間が約30秒遅くなるかわりに、バスは約1分早くなると試算したが、甘かった。
 
 市営バスの乗降中に後続車がバスを追い抜けず、車両がギッシリと数珠つなぎになる事態が頻発。3月の花見シーズンの四条大橋では250メートル先のバス停に到着するまで約20分かかり、運転手が「地下鉄に乗り換えて」と乗客に地下鉄の切符を渡すシーンも見られた。
 
 観光客からは「以前と違ってのんびりぶらぶらと歩ける」と好評だが、四条通に面した老舗飲食店経営者(60代男性)は渋い顔だ。
 
「渋滞で排ガスがひどく、納品業者の車も遅れる。歩道が広くなったからといって客が増えたわけでもない。工事前に各商店街にアンケートが配布されたけど、商店街の店はみんな反対やった」
 
 京都市建設局道路環境整備課の担当者は、あくまで「京都市全体の活性化」のためだと説明する。
 
「公共交通によるアクセス性を高め、誰もが快適に買い物を楽しんでいただくことが市の活性化につながります。渋滞解消についてはマイカーの乗り入れを自粛していただくしかない。みなさんに公共交通で来ていただくことで非常に快適な街になるはずです」
 
 観光客にはいいだろうが、地元住民の生活の足が制限されては本末転倒ではないか。工事は今年10月まで続く見通しだが、渋滞が解消する見通しは立っていない。

※週刊ポスト2015年6月5日号

関連キーワード

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン