芸能

フジTV古参局員「過去の栄光ひきずるなら復活は夢のまた夢」

 フジテレビの亀山千広社長(58)が3月27日に語った春の番組改編コンセプトは「LIFE is LIVE(ライフ・イズ・ライブ)」だった。だが「テレビがライブ感をもっていなくてはいけないと考えている」と鼻息荒く語った言葉は早くも虚しい。

 大改編で巻き返しを図るはずが、4月からの新番組はほとんどが低空飛行。たとえば、安藤優子を『スーパーニュース』から移してまで開始した4月改編の目玉・『直撃LIVEグッディ!』(月~金・昼1時55分~)は1%台の低視聴率に喘いでいる。現場社員からは苦境に陥ったフジの“ライブな断末魔”も聞こえてきた。

 とはいえ、制作現場ではチャレンジ精神が感じられる番組がないわけではない。

 タモリが宮沢りえらとトークを繰り広げる『ヨルタモリ』(日・夜11時15分~)は丁寧な作り込みで視聴者のハートを掴み、深夜帯にしては高視聴率をキープしている。

 千原ジュニア、劇団ひとり、バカリズムら芸達者なレギュラー陣とゲスト陣が「監督」として面白いVTR(オモブイ)を制作する『オモクリ監督』(日・夜9時~)は審査委員長にビートたけしを起用し、ファンの評価は高い。

 その一方、「最終的にはいまだ『お笑いビッグ3』に頼っている」という批判があるのも事実だ。

 たしかにフジは「昔取った杵柄」だらけだ。これまでも『料理の鉄人』をリメイクしたり、『W浅野(浅野温子・浅野ゆう子)』のドラマを復活させるなど“過去の栄光”にすがってきた。しかし結果は惨敗だらけ。

 最近では益田由美、有賀さつき、八木亜希子、木佐彩子ら往年の局の人気女子アナ7人がゲストとして『SMAP×SMAP』(月・夜10時~)に登場し、若かりし頃の秘話を暴露する企画が撮影されたと盛んに宣伝された。PR攻勢の一方で、社内では「いつまで90年代の遺産で食っていく気だ」(若手社員)と冷めた声が上がっている。

 フジのベテラン局員がため息混じりに語る。

「テレ東や日テレが中高年向けの番組作りにシフトして受けているのを踏襲しろとまではいわないが、ウチは得意だった若者層に向けて新たなブームを仕掛けるでもなく、結局二番煎じの企画ばかり。過去の栄光から脱却できないなら、復活なんて夢のまた夢だと思うのですが……」

 高視聴率に沸く日テレはお祝いに社食を無料開放するなど大盤振る舞いだが、低視聴率にあえぐフジの締め付けは厳しくなる一方だ。フジに出入りする制作会社のスタッフが小声で明かす。

「深夜タクシーは同じ方向に帰るスタッフで相乗り。目先の経費削減ばかりに気を取られ、局としての長期的なチャレンジは鳴りを潜めている。現場の士気はどんどん下がっています」

※週刊ポスト2015年6月5日号

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン