• TOP
  • ライフ
  • 女児向け「キッズ脱毛」プラン 背景に子供ならではの悩みも

ライフ

2015.06.05 16:00  NEWSポストセブン

女児向け「キッズ脱毛」プラン 背景に子供ならではの悩みも

 夏になると女性のファッションも露出が多いものが中心となるが、シーズンを前に脱毛サロンはさまざまな手法で商戦を勝ち抜こうと奮闘中だ。最近では大人の女性だけでなく、キッズ層向けの脱毛プランも提供されているという。都内の脱毛サロンに勤務するスタッフのAさん(20代女性)は、キッズ脱毛のニーズについてこう話す。

「うちのサロンでは7歳のお客様から脱毛を始めることができます。お子様自身が脱毛をしたいとおっしゃる場合もありますが、お母様が『プールの時や、ショートパンツをはいた時に目立たないように』とご契約する場合もあります。ただし、まだ毛が発育途中なので小学生の時に脱毛を行っても後々新しい毛が生えてくることがあります。のちに生えてくる毛を薄くするという点では効果があると思いますね」(Aさん)

 脱毛の低年齢化と聞くと驚く人もいるかもしれないが、子どもならではの悩みを抱えている者も少なくない。別の脱毛サロンに勤務するBさん(20代女性)は、こう語る。

「私自身、小学生の頃は毛深いことがとても悩みで小学4年生頃からカミソリで自己処理をしていました。足と腕、それから鼻下のヒゲのような産毛も気になって剃っていたんです。そうするとジョリジョリして肌触りも悪く、赤いプツプツもできてしまった。小学生時代は毛深くてイジメにあっていた同級生もいたので、そうならないよう子どもなりに気をつけていました。

 私と同じような体験をしている子どもは、今も多いと思います。カミソリで綺麗な肌を傷つけるのは肌にもよくないですし、サロンで脱毛するほうが確実に肌にはよいでしょう」

 そう言いながらも、小学校時代から脱毛サロンに通うことについて、必ずしも推奨しているわけではないという。

「個人的な考えとしては、脱毛は値段もそれなりにかかるので、高校生ぐらいになって毛が安定してから脱毛サロンで処理をし、それまでの間はカミソリではなく除毛クリームなどを使うこともオススメします。そのほうが経済的ですし、ジョリジョリした手触りはカミソリよりも和らぎます」(Bさん)

 女性ならではの毛の悩みは幼少期からつきものだが、脱毛サロンでの施術はこうした悩みを解決する選択肢のひとつだろう。とはいえ、とくにキッズ脱毛の場合はサロンで専門スタッフとともに相談を重ねながら、最善の方法を考える必要がありそうだ。

関連記事

トピックス