芸能

中居正広 今井雅之さんとは最悪の出会いを経て親友になった

 日本最後の野生のコウノトリ生息の地として知られる兵庫県豊岡市――ここが5月28日に大腸がんのために亡くなった俳優・今井雅之さん(享年54)の故郷だ。

 5月30日、同市内の斎場で今井さんの告別式がしめやかに営まれた。

「当初は親族だけの密葬の予定でしたが、地元の住民や東京のスタッフなども駆けつけて、約80人の弔問客が今井さんとの早すぎる別れを惜しみました。

 最後に彼のお兄さんが、今井さんが原作、脚本、主演を務めた舞台『THE WINDS OF GOD』の名セリフ“肉体は滅びても魂は滅びない”を引用して挨拶すると、会場のあちこちからすすり泣く声があがりました」(出席者のひとり)

 斎場には数多くの供花が並んでいたが、その中に「中居正広」の名前もあった――。

 SMAP・中居正広(42才)と今井さんと言えば、1996年に放送された人気ドラマ『味いちもんめII・京都編』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに20年近く親交を深めてきた仲だ。今でこそ親友というふたりだが、当初は犬猿の仲だった。中居は今井さんと共演した番組で、当時のことをこう振り返っている。

「ぼくは当時22才でしたけど、今井さんはエラい怖いのよ。挨拶してくれないからね。“おはようございます”って言ったら、舌打ち返してくるから…。連続ドラマ4か月ぐらいやってて、3か月ぐらいしゃべってくれないからね」

 一方の今井さんもこう反撃する。

「だってね、いちばん最初の印象がよくなかったのよ。本読みのときに、まったく声張らずにやってるから。腹から声出せっていうのに!」  “最悪の出会い”だった中居と今井さん。劇中の役所も犬猿の仲だったが、実際の収録現場でも常に張り詰めた空気だったという。

 例えば、ふたりが掴みかかるシーンでは、監督からカットがかかっても、ずっと掴み合い、睨み合ったまま。スタッフが止めなければ、本当に殴り合いになりそうなほど、険悪な雰囲気だった。

 しかし、撮影も残り1か月ばかりになったころ、関係は一変する。

「ふたりでの撮影が増えたため、中居さんから今井さんに“今井さん、アイドル嫌いでしょ?”と話しかけたそうです。腹を割って話す中居さんに不意をつかれた今井さんは“そういうわけじゃない”と、しどろもどろになって…この一件をキッカケに会話をするようになったそうです。

 中居さんが“将来、オレはさんまさんやタモリさん、たけしさんとサシで番組をやれるようになりたい。トークで生きていきたい”と夢を熱く語ったりするのを聞いて、今井さんは中居さんを見直したみたいなんです」(前出・テレビ局関係者)

 一気に距離を縮めたふたりは、撮影後には酒を飲みに行き、朝まで飲んで翌日そのまま撮影に向かうという日々を送った。

 その親交は『味いちもんめ』がクランクアップした後も続いた。

※女性セブン2015年6月18日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト