国内

最新国内記事のRSS

トヨタ役員輸入の薬物 米で社会問題化の乱用実態とその効果

2015.06.30 07:00

 トヨタ自動車初の女性役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)が6月18日に麻薬輸入で逮捕された。

 ハンプ容疑者宛ての小包からは、麻薬成分オキシコドンを含む錠剤57錠が発見されたが、オキシコドンはモルヒネなどと同じオピオイド系鎮痛剤の一種で、アヘンに含まれる「テバイン」を合成して作られる医療用麻薬だ。

 日本では『オキシコンチン錠』『オキノーム散』、注射剤の『オキファスト』(いずれもシオノギ製薬)が承認され、主に進行がん患者の疼痛緩和に使われている。『死ぬまでに決断しておきたいこと20』などの著書がある東邦大学医療センター大森病院・緩和ケアセンター長の大津秀一氏の解説。

「身体が痛みの刺激を受けると、脊髄の後角という部位を経由して脳に伝えられ、人は“痛い”という感覚を得ます。オキシコドンはその脊髄後角や、脊髄後角と脳をつなぐ回路に作用して痛みを抑えます。

 患者に腎機能障害がある場合は代謝物が蓄積して眠気などが出るモルヒネと違い、使いやすいのが利点です」

 痛みがある患者に医療用として投与すれば精神依存を起こさないが、健康な人が服用すると問題が起きる。

「痛みがない人がオキシコドンを使用するとドーパミン放出が増え、脳の側坐核という部位に作用して、ボーッとするような心地よい感覚になります。精神依存や耐性を形成し、やめられなくなったり、もっと欲しくなったりする依存性が現われます」(同前)

 覚醒剤のように刺激に敏感になるのではなく、ぼんやりするため、リラックスするために乱用されることが多い。

 アメリカではオキシコドンをはじめとする鎮痛剤の乱用が社会問題化している。米国立薬物乱用研究所は、12歳以上の米国人1600万人が過去1年間に医療目的以外で使用したと推計している。

 飲み薬として服用するほか、錠剤を砕いて鼻から吸い込むなどの方法で乱用されているため、現在では粉砕できないようゲル状の薬剤に変更されている商品も多い。

※週刊ポスト2015年7月10日号

 トヨタ自動車初の女性役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)が6月18日に麻薬輸入で逮捕された。

 ハンプ容疑者宛ての小包からは、麻薬成分オキシコドンを含む錠剤57錠が発見されたが、オキシコドンはモルヒネなどと同じオピオイド系鎮痛剤の一種で、アヘンに含まれる「テバイン」を合成して作られる医療用麻薬だ。

 日本では『オキシコンチン錠』『オキノーム散』、注射剤の『オキファスト』(いずれもシオノギ製薬)が承認され、主に進行がん患者の疼痛緩和に使われている。『死ぬまでに決断しておきたいこと20』などの著書がある東邦大学医療センター大森病院・緩和ケアセンター長の大津秀一氏の解説。

「身体が痛みの刺激を受けると、脊髄の後角という部位を経由して脳に伝えられ、人は“痛い”という感覚を得ます。オキシコドンはその脊髄後角や、脊髄後角と脳をつなぐ回路に作用して痛みを抑えます。

 患者に腎機能障害がある場合は代謝物が蓄積して眠気などが出るモルヒネと違い、使いやすいのが利点です」

 痛みがある患者に医療用として投与すれば精神依存を起こさないが、健康な人が服用すると問題が起きる。

「痛みがない人がオキシコドンを使用するとドーパミン放出が増え、脳の側坐核という部位に作用して、ボーッとするような心地よい感覚になります。精神依存や耐性を形成し、やめられなくなったり、もっと欲しくなったりする依存性が現われます」(同前)

 覚醒剤のように刺激に敏感になるのではなく、ぼんやりするため、リラックスするために乱用されることが多い。

 アメリカではオキシコドンをはじめとする鎮痛剤の乱用が社会問題化している。米国立薬物乱用研究所は、12歳以上の米国人1600万人が過去1年間に医療目的以外で使用したと推計している。

 飲み薬として服用するほか、錠剤を砕いて鼻から吸い込むなどの方法で乱用されているため、現在では粉砕できないようゲル状の薬剤に変更されている商品も多い。

※週刊ポスト2015年7月10日号

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP