芸能

AVの「素人」には偽者多いが、東スポのエロタビューはガチ

「素人AV」や「素人ヌード」など、AVや男性誌などアダルト業界で古くから何かともてはやされているのが“素人”たちだ。つい最近も、某地方テレビ局の女性アナウンサーが、女子アナになる前にひそかに素人モノのAVに出演し、男性器をかたどったアメを舐めるなどの行為に及んでいたとされる“疑惑”がネットで話題となった。とはいえ、たとえ“素人”をうたっていても、本物の素人がAVなどに出演しているケースはごくマレだという。

「昔からこの業界では『隣のお姉さん』や『近所の奥さん』的な幻想を抱かせる“素人”は人気で、『巨乳モノ』や『看護婦モノ』などと同様に『素人モノ』というジャンルがあったほどです。一時期、ブームになった『ナンパもの』もその亜流と言えるわけですが、実際には作品に出演している女優のほとんどは企画女優だったり、風俗嬢などの仕込みです」とは某AVメーカー社員。

 その背景にはリスク管理の問題があるようだ。

「仮に街中などで声を掛けた女性にAV出演してもらったとします。もちろん、作品に出演するにあたっては事前に契約をきちんと交わすわけですが、後々トラブルになるケースが多いんですよ。その場のノリでOKしたとしても、後から『やっぱり商品として売り出すのはやめてもらえませんか?』とか、『全部モザイクをかけてください』とか言ってきたりして。

 あと、性病の問題もありますよね。女優さんしかり、男優さんしかり、プロは体が資本ですし、この業界は一般の方が想像している以上に健康管理や性病対策には真剣に取り組んでいます。狭い業界ですし、すぐにウワサが流れますからね。それに比べると、かなりいい加減な素人さんもいて、万が一性病なんて移されたら、男優さんは商売あがったりでかわいそうですよ」(同社員)

 こうした要因もあり、一般男性からの投稿モノや盗撮モノ、いわゆる裏モノなど、一部を除いてほとんどの作品に出演している“素人”は厳密には素人ではないという。

 だが、これもケースバイケースという意見もある。

「確かに激しいカラミをする“素人”はほとんど仕込みではありますが、キスやパンチラ、自慰行為などのソフトなカラミに関しては、本物の素人さんが出演しているケースも多いです。実際にAVのナンパモノなどではイケメン男優さんが街中に立って女性たちをナンパしているし、東スポの名物企画になっている街頭淫タビューも、記者が全国をまわって素人女性に直撃取材を試みています。もちろん、ギャラや謝礼を出演女性に払っているケースもあるでしょうけどね」(男性誌編集者)

 厳密に言えばギャラや謝礼を受け取っている時点で“素人”とは言い難いかもしれないが、少なからずアダルト業界以外の仕事を生業にした女性も多く出演しているようだ。

「まあ、基本的に出演している素人女性も“初めにお金ありき”なわけですが、それでもプロの方とは違って最初から仕事モードではないぶん作品に臨場感が出ますし、ちょっと前に話題になった女子アナではないですけど、後にグラビアアイドルや女優として活躍する女性が、お小遣い欲しさにAVの素人モノやナンパモノでソフトなカラミを披露しているなんてケースもありますからね。素人モノに人気が集まるのもうなずけます」(同男性誌編集者)
 
 今後も多くの“素人”たちがアダルト業界を盛り上げていきそうだ。

関連記事

トピックス