• TOP
  • 特集
  • 68歳の現役アダルト男優 絶倫を保つためのこだわりの食生活

特集

2015.07.23 15:59  週刊ポスト

68歳の現役アダルト男優 絶倫を保つためのこだわりの食生活

 挿入してくれなくてもいい──いくら女性にそう言われても、できればたくましさを“内側”から感じてほしい。そう願うシニアの参考になるのは、60歳を過ぎても現役で活躍するAV男優である。彼らの絶倫の秘訣はどこにあるのだろうか。

 山田裕二氏(68)は1947年生まれの団塊世代。56歳でAVの世界に身を転じた。現在は月に7~8本の作品に出演している。失礼ながら、毎回射精できるのか?

「本カラミ、本発射が基本です。だいたい、疑似なんていわれても僕は我慢できませんからね(笑い)」(山田氏。以下同)

 張りのある声に、若々しい見た目。現場で「本発射」を貫けるのは、プライベートでのセックスをセーブしてきたからだという。

「最近は月に1~2回。翌日仕事でカラミがあるときにはセックスしないですね。撮影が1週間空くようなことがあれば、セフレに連絡してすぐにしますけど」

 出会い系サイトや知人の紹介を頼りに、セフレを常に2~3人キープする。若い子が好きだというが、「セックスに関しては、20代より30代の方がエロくっていいですね」と話す。そんな山田氏は自身にあるルールを設けている。

「5日に1回は必ず発射すること。だから間が空いてしまったときには、撮影の5日前に必ずオナニーをします。そうしないと、ちゃんと発射できなくなるんですよ。定期的に射精をすることで、次の射精につながります。射精をしなくても、毎日1回必ず勃起させることもおすすめです」

 仕事柄、勃起と射精のためのコンディション作りに余念のない山田氏は、毎日の食事にもこだわる。

「納豆、オクラなどのネバネバ系の食材は必ず摂りますし、亜鉛のサプリメントも服用しています。ミミズの粉末、マカ、ニンニクの酢漬けも欠かさない。それから、タマネギは1日3食食べられれば理想的です。ペニスは血液の力で勃つので、血流をよくすることはとても大事です」

 ただ、食べるだけでは不十分だと山田氏は力説する。

「運動も大事だよ。私はゴルフ、野球、テニス、ボウリング、卓球をするし、時間があればウォーキングを1時間から2時間します。でも、無理は禁物。最初は少しずつでいいんです」

●取材/文月みほ

※週刊ポスト2015年7月31日号

関連記事

トピックス