特集

最新特集記事のRSS

女性の感度高めるマッサージ 触る4段階の順番を専門家解説

2015.07.28 15:59

「とくにベテランAV女優は仕事の意識が強すぎて、濡れにくい人が多いんです。ところが撮影前にマッサージをしてあげると、その後の感じ方がまったく違う。カメラが回る前から準備OKなんです。それが今の副業を始めるヒントになりました」  そう語るのは

「とくにベテランAV女優は仕事の意識が強すぎて、濡れにくい人が多いんです。ところが撮影前にマッサージをしてあげると、その後の感じ方がまったく違う。カメラが回る前から準備OKなんです。それが今の副業を始めるヒントになりました」

 そう語るのは、これまで1万人以上の女性を抱いてきたAV男優・沢木和也氏。2年前に女性専用性感マッサージ店の「IN BLISS」を開業し、男優業の傍ら、その手で多くの女性を癒している。

 いわば「前戯の前戯」となるマッサージによって、女性の感度はどれくらい高まるのか。『女整体師が教える快感のスイッチ』(メディアファクトリー新書)の著者で美容整体師のAKEMI氏は、女性側の意見として4つのポイントを挙げる。

「肝心なのは順番です。やみくもに触るのはNG。まずは肩に手を載せ、温かさを伝わらせます。肩は嫌悪感を抱かれにくいのでファーストタッチに最適。そこから指の腹で優しく肩甲骨をほぐしてあげると、“この後、もっと気持ちいいことをしてくれる”と期待が膨らみ、触られることに快感を覚え始めます。

 次は腰です。骨盤内の神経が凝りによって圧迫されると、膣の感度が鈍くなる。また、興奮によって下腹部に集まった血液が愛液となるので、腰回りを指圧してあげることで血流が良くなり、濡れやすくなります」

 ここまでが準備段階。さらに奉仕は続く。

「仰向けにしたら腋の下を攻めます。腋のすぐ下を手のひらでグーッと押し、指は乳房の近くを這わせます。脇下のリンパが流れれば、胸部全体の血流が活性化され、乳房や乳首がより敏感になります。

 最後は、女性ホルモンを活性化させる太ももの内側を手のひらで軽く刺激します。膝あたりから膣に向けてゆっくり3秒ぐらいかけて移動。“そろそろ膣に指が?”と思わせておいて、また膝に戻っていく。この焦らしがポイント。ここまで来たらもう女性の方から“もう触って!”とお願いしています」(AKEMI氏)

 ただ指圧をするだけでなく、アロマオイルなどを使うとさらに効果が上がる。沢木氏がいう。

「香りによる癒し効果に加えて、オイルの“クチュクチュ”という音が卑猥に聞こえて女性を興奮させます。女性は聴覚でも感じるので、ぜひとも使ってほしい」

 女性の感度が高まればセックスも変わる。カリスマが指南する「前戯の前戯」の効果を試してみては?

※週刊ポスト2015年8月7日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP