連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

高須院長 安保法案を高評価も名称変更を提案「いっそANPに」

2015.08.01 07:00

──今回の安保法案について、諸外国の反応を見ると、中国、韓国以外はアジアも欧米もおおむね評価しているという流れがあります。

高須:そう、そのあたりをもっと政府にアピールしてもらいたいところだけど、韓国が同盟国だからちょっとややこしいんだよね。中国と北朝鮮が反対しているだけだったら、もっと話はシンプルで、マスコミも安保法案賛成のほうに傾くと思う。あと、今もしも中国が尖閣あたりに空母でも出してきたら、みんな安保法案に賛成し始めるんじゃないかな。ただ、中国もそのあたりを理解しているだろうから、なりを潜めている感じだけどね。

──中国としては安保反対運動が盛り上がったほうがありがたいわけですからね。

高須:こんなことを言ったら怒られちゃうけど、今こそ中国をほんの少しだけ刺激して、ちょっとだけ攻めさせる時期なのかもね。

──たとえば今、尖閣諸島で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件(2010年)のようなことが起きれば、安保法案に反対する人も少なくなるような気がしますね。

高須:そうそう、中国が、けが人が出ない程度にほんのちょっとだけやってくれればいい(笑い)。北朝鮮の潜水艇が漂着するだけでもいい。いつもなら、それくらいのことはよくあるのに、今だけ本当に平和なんだよね。これってつまり、安保法案の力なのかもしれないね。まだ批准していないのに、すでにこれだけの効果があるんだから、本当に戦争を回避するための法案なんだよ。

──ちょっと気になったのが「安保法案」という呼び方です。「安保」という言葉のイメージが強くて、反発しているという側面があるような気もします。

高須:それはあるだろうな。「安保」といわれると60年安保からの流れを想像してしまうからね。TPPみたいに「ANP」とかにしちゃうとか、「日米仲良く作戦法案」とか、「困ったときはお互いさま法案」とかにしちゃえばいいのかも(笑い)。そういう柔らかい言葉にするだけで、全然違うだろうね。ただ、安倍さんとしては、お祖父さんの岸(信介)さんが通した安保改定よりも、もっといいものを残したいっていう気持ちもあるだろうから、「安保」という言葉にはこだわってるのかもね。

 * * *
 安保法案を高く評価している高須院長。また、反安倍派の抗議運動については、あまりにも感情的すぎると、もどかしさすら感じているようで、ツイッターでは猛暑の中に子供を連れてくるデモ隊に対する怒りをぶちまけることもあった。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。




──今回の安保法案について、諸外国の反応を見ると、中国、韓国以外はアジアも欧米もおおむね評価しているという流れがあります。

高須:そう、そのあたりをもっと政府にアピールしてもらいたいところだけど、韓国が同盟国だからちょっとややこしいんだよね。中国と北朝鮮が反対しているだけだったら、もっと話はシンプルで、マスコミも安保法案賛成のほうに傾くと思う。あと、今もしも中国が尖閣あたりに空母でも出してきたら、みんな安保法案に賛成し始めるんじゃないかな。ただ、中国もそのあたりを理解しているだろうから、なりを潜めている感じだけどね。

──中国としては安保反対運動が盛り上がったほうがありがたいわけですからね。

高須:こんなことを言ったら怒られちゃうけど、今こそ中国をほんの少しだけ刺激して、ちょっとだけ攻めさせる時期なのかもね。

──たとえば今、尖閣諸島で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件(2010年)のようなことが起きれば、安保法案に反対する人も少なくなるような気がしますね。

高須:そうそう、中国が、けが人が出ない程度にほんのちょっとだけやってくれればいい(笑い)。北朝鮮の潜水艇が漂着するだけでもいい。いつもなら、それくらいのことはよくあるのに、今だけ本当に平和なんだよね。これってつまり、安保法案の力なのかもしれないね。まだ批准していないのに、すでにこれだけの効果があるんだから、本当に戦争を回避するための法案なんだよ。

──ちょっと気になったのが「安保法案」という呼び方です。「安保」という言葉のイメージが強くて、反発しているという側面があるような気もします。

高須:それはあるだろうな。「安保」といわれると60年安保からの流れを想像してしまうからね。TPPみたいに「ANP」とかにしちゃうとか、「日米仲良く作戦法案」とか、「困ったときはお互いさま法案」とかにしちゃえばいいのかも(笑い)。そういう柔らかい言葉にするだけで、全然違うだろうね。ただ、安倍さんとしては、お祖父さんの岸(信介)さんが通した安保改定よりも、もっといいものを残したいっていう気持ちもあるだろうから、「安保」という言葉にはこだわってるのかもね。

 * * *
 安保法案を高く評価している高須院長。また、反安倍派の抗議運動については、あまりにも感情的すぎると、もどかしさすら感じているようで、ツイッターでは猛暑の中に子供を連れてくるデモ隊に対する怒りをぶちまけることもあった。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。




前のページへ

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP