国際情報

医学大国キューバ 医療サービス無料で先進国と同等の水準

 カリブ海に浮かぶ島国、キューバ。米フロリダ州の南方約150kmに位置するこの社会主義国家は、「キューバ危機」(1962年)に代表されるように冷戦時代、アメリカの喉元に匕首を突きつける存在だった。

 半世紀以上もアメリカとキューバは国交が断絶していたが、2008年に兄のフィデル・カストロ議長の後を継いだラウル・カストロ議長は現実路線に転換し、7月20日、54年ぶりに双方の大使館を再開して国交が回復した。アメリカはキューバに対する経済制裁を緩和し、経済交流が盛んになるとみられる。

 直行便が検討されるなど、日本からも今より簡単に渡航できるようになる可能性があるが、そこでキューバの意外な側面ににわかに注目が集まっている。

 日本ではほとんど知られていないが、実はキューバは“医学大国”として世界に名を馳せている。アメリカの医療制度を痛烈に批判したマイケル・ムーア監督の『シッコ』で、比較対象として評価されたのがキューバだった。

 キューバ憲法の“第9条”では、「医療を受けない患者があってはならない」と定められている。すべての国民が、基本的に無料で医療サービスを受けられるのは、社会主義国ならではだろう。

 医師の数は7万6500人で、人口10万人あたり672人。医師の3分の1は、発展途上国への支援や災害支援の医療団として海外に派遣されているので、国内の実数は3分の2になるが、それでも日本の10万人あたり230人という数字に比べればはるかに多い。

 海外での医療活動には、国際貢献と外貨獲得という2つの目的があるが、この活動が医学大国としてキューバの名を世界に広めることとなっている。

 では、医療水準はどうかというと、一つの指標となる乳幼児死亡率(5歳までの1000人に対する死亡数)は6.2人で、なんとアメリカの6.7人や中国の12.7人よりも低い(日本は2.9人)。平均寿命は78歳で、ラテンアメリカのなかでは突出した数字で、先進国と同等といっていい。

 キューバの1人当たりのGDPは約6000ドルで、日本の約3万9000ドルの15%に過ぎず、決して裕福な国ではない。それにもかかわらず、先進国並みの医療をキューバ国民は享受しているのである。

※週刊ポスト2015年8月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト