• TOP
  • ビジネス
  • 中国人社員の叱り方 人前で怒ることは絶対ご法度で1対1が基本

ビジネス

2015.08.09 16:00  週刊ポスト

中国人社員の叱り方 人前で怒ることは絶対ご法度で1対1が基本

 中国人採用に積極的な企業は増えているが、自己中心的な中国人との付き合い方に悩んでいる人は多い。

「ろくに成果も挙げていないのに『給料を上げろ』と文句を言ってきたり、2月の春節(中国の旧正月)に勝手に仕事を休んで帰国してしったり、日本人ではありえない言動に困っている」(中国と関連深い商社の中堅社員)

 そんな中国人を諭すには、面子を気にする性格を利用して、「他の社員からキミは評判が悪い」など第三者の声を伝えるのが効果的と指摘する向きがある。

 それに加え、話す状況も大事だというのが、中国に進出する日本企業のコンサルティングを行なう「ミズノ・コンサルタンシー・ホールディングス」の水野真澄・代表だ。

「中国人は何よりも面子を大事にするので、人前で怒ることはご法度です。叱るときは1対1が基本。なおかつ、感情的に怒るのではなく、『こうしたらより良くなったはずだ』と相手のモチベーションを上げることが肝心です」

 日本人には身勝手に映る主張にも冷静に対応したい。

「春節は日本人にとってのお正月。彼らはただ親族に会いたいだけです。中国人は“自分の利益になるか”に鋭く反応するので、休んでほしくない場合は、『会社にいてくれないと困る理由』を細かく説明して、『休まず頑張ることで得られるメリット』を具体的に説明すると効果的です」(同前)

 日本人が得意とする「以心伝心」は通用しない。彼らが大事にする「面子」に注意しつつ、相手の気持ちを上手く揺らすことが大事だ。

※週刊ポスト2015年8月14日号

関連記事

トピックス