特集

最新特集記事のRSS

戦後に濫造されたカストリ雑誌 想像かき立てられる表現満載

2015.08.10 15:59

 焼け野原から世界が驚くほどの復興を果たしたこの70年間で、日本人の性意識も大きな変貌を遂げた。焼け跡には闇市が立ち並び、配給の食料だけでは生活が困難だった終戦直後の混乱期の荒んだ時代に、男たちが読み漁った雑誌があった。 「カストリ雑誌」は

 焼け野原から世界が驚くほどの復興を果たしたこの70年間で、日本人の性意識も大きな変貌を遂げた。焼け跡には闇市が立ち並び、配給の食料だけでは生活が困難だった終戦直後の混乱期の荒んだ時代に、男たちが読み漁った雑誌があった。

「カストリ雑誌」は、その多くが3号前後で廃刊と短命なことから、3合で酔い潰れる粗雑なカストリ酒にかけて呼ばれた。紙質は悪く製本も祖雑だったが、ほとんどが性的な内容を扱い、男たちの欲望を刺激した。『狂艶』第3号(1947年11月刊)に掲載された恋愛小説「緑草」(一清)には次のようなくだりがある。

〈時夫の右手が下へのびてゆくと乱れた股の間へすべり込んだ。(中略)彼女は夢中になって時夫の胸にしがみついた。純白なスカートが大きくひるがえると、下腹部に急激な痛みを覚えた。

 彼女は耳許でささやきかける甘い言葉にその苦痛も次第に快いものへと変ってゆくのを意識した。むず痒い肉感が彼女の肌の隅々まで電気にでもふれたように妙なる快味となってかけめぐった。(中略)……えぐるような痛快味を全身に感じると、彼女は喘ぎながらおもわず声をあげて、時夫の胸に必死になってとりすがった〉

『だんらん』1948年4月号掲載の「不倫」(美園薫)は、姉と弟の近親相関を描いた。

〈彼はいつものオナニズムにつきものの前兆のようなオルガスムスを覚えてきた。常になく興奮した肉体の隆起を見られまいとして、そっと寝返りを打とうとすると、妙子の手はそっとその方に伸びかけていた。

(中略)ぼうとした頭の中で、しかし眼のまえには妙子のむっちりとした肢体とあでやかな口もとと、それに悩殺的な高い香気があった。春夫は懸命の努力で何度かコントロールをした。しかしわずか五分くらいの後、彼は早鐘を打つように、自分の前に栓を抜かされてしまった〉

 直接的な表現がない分、想像をかき立てられる。

 カストリ雑誌は数百種が刊行され、1部20円から30円程度(当時の銭湯の入浴料が約10円)。出版部数が多いものは書店で売られたが、多くは露店に並んでいたという。近現代文化史を研究する京都精華大学の斎藤光教授が解説する。

「終戦によってそれまでの統制や厳格だった性に関する規制が解かれ、それと同時に戦時体制から解放されて新しい時代の風を感じられたことが重なり、大衆に受けたのでしょう」

『猟奇』第2号(1946年12月5日発行)は、公然わいせつ罪で戦後初の発禁処分となった。摘発の原因とされる「H大佐夫人」(北川千代三)では、戦時中にH大佐宅に下宿した青年と大佐夫人が姦通するシーンが描写されている。

〈夫人の手は、私の抱擁から静かに抜き取って、汗ばんでゐる私の身体に風を入れてでもくれるやうに、上着のボタンを外したり、ヅボンのバンドを外してくれてゐました。……夫人は、私の手や指先きを、私の未体験の神秘境へ誘導してくれました。そして湧き出でる泉の中へ──〉

 一世を風靡したカストリ雑誌も、その後の不況で紙代などが急騰し、いつしか消えていった。しかし、娯楽がなかった時代に男たちを慰めた功績は小さくない。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP