• TOP
  • 芸能
  • 栃木ネタで人気U字工事 東京在住と明かすとがっかりされ困る

芸能

2015.08.14 07:00  NEWSポストセブン

栃木ネタで人気U字工事 東京在住と明かすとがっかりされ困る

栃木に住んでいる思いきや実は東京在住

 揃いのスーツで、「〇〇だっぺ」というバリバリの栃木弁と、北関東ローカルや田舎あるあるなどのネタでおなじみのお笑いコンビ・U字工事。当然、栃木生まれの栃木育ちで、栃木に住んでいると思いきや…。ファンからのよくある誤解や、栃木ネタにこだわる理由などについて、U字工事に語ってもらった。

――今日はわざわざ栃木からご足労頂いて、ありがとうございます。

福田薫:いえ、ぼくたち東京に住んでますよ。栃木から通っていると思われるんですけど…。

益子卓郎:高校を卒業したあと、18才で上京してからずっと東京に住んでいるので、もうすぐ東京生活のほうが長くなるんです。

――知らない人も多いんじゃないですか?

福田:そうなんです。東京に住んでいると言うと、ショックを受ける人がいるんですよね。こっちも、なんかすみませんみたいな気持ちになるんです(苦笑)。東京でサイン会やDVD販売会をすると、お客さんに「今日は栃木から来たんですよね。大変ですね」と言われるんです。「いや違うんです、東京からなんです」って言うと、がっかりされたり。悪いことをしてるわけじゃないけど、申し訳ないなって。

益子:方言だし、ローカルネタだから、ご当地芸人みたいに思われているのかもしれないですね。結成からずっと東京なんですけど。

福田:ぼくらは、かなり東京の電車の接続に詳しいですよ、後方に乗ったほうが乗り換えしやすい路線とかも知ってますし。東京の人にも負けません(笑い)。

――ローカルネタをしているのに、東京に住んでいることで、困ったことはありませんか? 

福田:あまりないですね。おしゃれな地域は苦手なので、原宿とか表参道はプライベートでは行かないんです。落ち着かないんですよね、人が多くて。ぼくは、買い物はもっぱら上野のアメ横です。ちっちゃい頃から行っていたので、落ち着きます。北の玄関口ですからね。服屋さんのすぐ隣が焼き鳥屋さんだったり、そういう雑多なほうが好きですね。

――ローカルの強みはありますか?

関連記事

トピックス