特集

最新特集記事のRSS

『洗濯屋ケンちゃん』監督 ジョン・レノンの家に居候の過去

2015.08.19 15:59

 AV史に残る伝説の裏ビデオ『洗濯屋ケンちゃん』。この名作は、誰がどのような経緯で作ったのか。AVライターの沢木毅彦氏が解説する。  * * * 『洗濯屋ケンちゃん』は、御用聞きに回る洗濯屋のケンちゃんが得意先の奥さんをデートに誘い、川原で

 AV史に残る伝説の裏ビデオ『洗濯屋ケンちゃん』。この名作は、誰がどのような経緯で作ったのか。AVライターの沢木毅彦氏が解説する。

 * * *
『洗濯屋ケンちゃん』は、御用聞きに回る洗濯屋のケンちゃんが得意先の奥さんをデートに誘い、川原でセックスする。後半は親友の恋人をラブホテルに誘い出し、強引に押し倒すという内容だ。

 2女優の名前と経歴は非公表だが、監督は藤井智憲氏が務めた。大学時代に文学座の研究生となり、卒業後は東宝に入社し映画の助監督を経験。2年で退社すると米国に留学し、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻の部屋に居候していた。

 筆者は1985年にAV専門誌で藤井監督に取材し、前記の経歴を聞いたのだが、驚いたのは、彼が『洗濯屋ケンちゃん』で得た報酬だ。

「ゼロ円。最初は監督料10万円との話だったけど、結局もらい損ねちゃった」

 監督以下スタッフがわいせつ物頒布等の罪で逮捕され世間を騒がせることになるが、「当初は裏ビデオとして作ったわけではなかった」と藤井氏はいう。

 2001年に電子書籍として発売された藤井氏の著書『さよなら、「洗濯屋ケンちゃん」』によると、「本番のあるAVを制作してアメリカでも売りたい」と持ちかけられて快諾。日本版はボカシが入ることを想定して2日間で撮り上げ、編集を終えた時点で「俺の手からこのテープは離れた」。のちに裏ビデオとして出回っていることを知って驚いたという。

 制作を指揮したプロデューサーはNHKの現役職員だった。主演のケンちゃん役は、藤井氏の演劇仲間である久野一之(のちに映画『高野聖』に、きたばやしけん名義で主演)。相手役の2女優は、今でいうコーディネーターの男性が調達してきた素人女性だ。

 当時、藤井氏は俳優としてテレビドラマ『ケーキ屋ケンちゃん』に出演しており、タイトルはそこから拝借した。遊び人ケンちゃんの行状は「俺が見た事、経験した事ばかり」(前掲書)。常にケンちゃんの話題がつきまとうことに「もう辟易」と2009年に夕刊紙で語っており、この年を最後に彼のブログの更新もストップしたままだ。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP