• TOP
  • 国内
  • 男性器を切断された場合の苦痛と結合可能性 機能はどうなるか

国内

2015.08.20 11:00  女性セブン

男性器を切断された場合の苦痛と結合可能性 機能はどうなるか

 元ボクサーの大学院生が、妻と男女トラブルを抱えていた弁護士のペニスを切断した事件。なんとも恐ろしい出来事だが、ここで気になるのが、ペニスを切断されることが、どれほどの苦痛で、さらにその後どうなるのか、ということだ。高野ビルクリニック院長の冨名腰(ふなこし)文人氏が解説する。

「それはもう、のたうち回るほどの激痛です。意識が混濁していたとしても、痛みで覚醒してしまうほどです。それに、ペニスには動脈が通っているので、大量に出血します。迅速にきちんと止血しないと、出血多量で生死にかかわります」

 ただし、切断されても、再びつなぎ合わせることは可能だという。

「すぐに接合手術をして、血管と尿道、神経を繋げれば、機能的にも回復します。多くの場合、排尿までは問題なくできるようになります。五分五分ですが、勃起してセックスが可能になるまでに回復するケースもあります」(前出・冨名腰氏)

 これは切断されたペニスが手元に残っていることが大前提だ。今回の事件の場合、容疑者がペニスをトイレに流したため、その後発見には至らなかった。

「もうひとつ、ニューハーフのかたが受けるような、ゼロから作る性器再建手術もあります。シリコンを使ったり、場合によっては腕や体の他の部位の皮膚を切り出して移植するのです。ただ、この再建手術では感覚を得られる保証はなく、生殖行動もまず難しい」(前出・冨名腰氏)

 射精も死活問題となる。性欲をコントロールしているのは、精巣から分泌される男性ホルモンのテストステロンで、睾丸が残っていれば今後もテストステロンの分泌は続く。

 当然、性欲もわくが、射精できるかどうかは、ペニスの“残り”の長さ次第。半分程度残っていれば射精も可能で、セックス時に挿入もできる。しかし、根元から切除されていると、射精は至難となるという。

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス