• TOP
  • 芸能
  • 役作りであごヒゲ蓄えた速水もこみち かゆくて仕方ない状態

芸能

2015.08.24 07:00  女性セブン

役作りであごヒゲ蓄えた速水もこみち かゆくて仕方ない状態

ドラマの役柄でつけヒゲをつけた速水もこみち

 取材会場に現れた速水もこみち(31才)の姿を見て、まず気になったのがアゴのヒゲ!

「役のためのつけヒゲなんですが、かゆくて仕方ないんです。ドラマの撮影が終わったらすぐ取ってます(笑い)」

 ヒゲで少し大人っぽく見える速水もこみちは、ドラマ『37.5℃の涙』(TBS系・毎週木曜午後9時~)で男の子を抱えるシングルファーザーを演じている。

「これまでにも父親役はやったことがあるんですが、こんなにガッツリ子供と向き合うのは初めてですね」

 息子役の横山渉くん(7才)とは撮影の合間も一緒にいることが多く、じゃれ合う姿はまるで本当の親子のよう。

「ついつい同じ目線で遊んじゃうんですよね(笑い)。男の子だから好きなオモチャとかわかるし。ぼくは今でもアメリカンコミックのフィギュアが大好きで、自宅にはいろいろなフィギュアを集めた基地もあるんですよ」

 そう言って少年のような照れ笑いを見せる速水だが、先日31才の誕生日を迎えたばかり。

「30代って、がむしゃらでいい若手から、地に足の着いた俳優へと階段を上る大切なとき。ある意味ここが踏ん張りどころだと思うんです。例えば、ぼくも出演した『軍師官兵衛』(NHK)でリーダーとして大勢をひっぱってくださった岡田准一さんのように、かっこいい大人の先輩方に囲まれている職場なので、毎日いい刺激を受けています!」

撮影■中村功

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス