• TOP
  • 国内
  • JR九州のよさこいチーム「櫻燕隊」 硬派な制服姿で人気拡大

国内

2015.08.31 16:00  女性セブン

JR九州のよさこいチーム「櫻燕隊」 硬派な制服姿で人気拡大

櫻燕隊・副部長の原槇義之さん(左)と隊長の岩永一樹さん

「制服を着た男は3割増し」とはよく言ったものだ。江戸時代でも、「火消半纏」と呼ばれる独特の衣装に身を包んで火事に立ち向かう元祖・制服男子たちは江戸の女にモテモテだったという。

「テレビ局から取材が来たり、すごく反響があって…。妻も、一緒に喜んでくれてます」

 と、はにかむのはJR九州のよさこいチーム「櫻燕隊」を率いる隊長・岩永一樹さん(29才・右)。学生服を思わせる硬派な制服姿が、Twitterでアップされると、「福岡に嫁に行きたい」などと全国であっという間に人気が広がった。

 硬派なのは制服だけではない。2011年、九州新幹線開業を記念して立ち上げたチームの、今年6月に行われた『第24回YOSAKOIソーラン祭り』で賞を獲る実力は、“地域の活性化のために”との地道な練習でつちかった。

「窓口業務など現場で働く社員も多くて、本番まで一度も全員が揃って練習できない。演舞の当日にやっと全員で合わせるんです。この時ばかりは、焦って私がピリピリしだす(笑い)」(副部長・原槇義之さん・39才)

 激しい動きをきれいに見せるため、メンバーは日ごろから、脚力を鍛えるための縄跳びなど個人でメニューを作って練習する徹底ぶり。電車の時間も、演舞の動きもピタリと合わせるかっこよさは、真面目さとチームワークの賜物でした。

※女性セブン2015年9月10日号

関連記事

トピックス