• TOP
  • ビジネス
  • 毎月新商品登場のランチパック 不動の出荷数ベスト3とは?

ビジネス

2015.09.05 07:00  NEWSポストセブン

毎月新商品登場のランチパック 不動の出荷数ベスト3とは?

ランチパック専門店も。写真は『ランチパックショップ TX秋葉原店』

 コンビニなどで売っているパンの定番といえば、山崎製パンの『ランチパック』だ。とにかく様々な種類があることが大きな特色で、「ピーナッツ」や「たまご」といった定番の具のほかに、ご当地ものも含めて全国で約60種類が販売されている。秋葉原と池袋にある専門店「ランチパックショップ」では、定番はもちろん、週替わりでご当地ものも販売しており、常時30~40種類を取り揃えている。

 新商品が毎月発売される『ランチパック』。全国統一の商品と、エリアごとの商品が、それぞれ3~4品ずつ登場するとのことだ。その一方で、毎月新商品が登場するのとほぼ同数の商品が廃版となっており、かなり入れ替わりが激しいようだ。反響が大きかった商品については、翌年の同じ時期にアレンジを加えてリバイバル発売されることもあるという。

 新商品のアイディアは、常に30~40ほどあり、そこから商品化できそうなものから順次開発が進む。基本的に半年くらい先の発売を予定して試作を繰り返すとのことだ。新商品のなかでは、特に“ご当地色”が強い商品が人気。知床牛肉入りコロッケ」や「十勝の小豆」や「夕張のメロン」などといった、特定の産地の具材も人気となっている。

 ご当地もののなかには、かなりユニークなものも多い。過去には、B-1グランプリで優勝した勝浦の「タンタンメン風」、香川大学とコラボした「釜玉うどん風」(うどんのこま切れが入っている)、大阪で開発された「たくあんマヨネーズ風」(こま切れのたくあんにマヨネーズを和えたもの)など、個性あふれる商品が登場している。

関連記事

トピックス