• TOP
  • スポーツ
  • 白鵬「親方逮捕」 突然の逮捕劇の裏では何が起きていたのか

スポーツ

2015.09.08 07:00  週刊ポスト

白鵬「親方逮捕」 突然の逮捕劇の裏では何が起きていたのか

 横綱・白鵬が所属する宮城野部屋の熊ヶ谷親方(元十両・金親)が傷害容疑で逮捕された。7月下旬に名古屋市内で、自身の送迎やスケジュール管理を任せていた男性(力士ではない)を、金属バットで数十回殴打するなどして、約2週間のケガを負わせたという。

 だが、関係者の間からは、「この段階で金親が白鵬の元からいなくなるのは、色々と都合が良すぎる」との声も出ている。突然発生した現役親方の逮捕劇の裏では何が起きていたのか。

 金親は元々は宮城野部屋の力士ではない。三保ヶ関部屋に北の湖親方の内弟子(※注)として入門し、1985年に初土俵を踏んだ。だが伸び悩み、結局幕内に上がれないまま2004年に北の湖部屋で引退を迎えた。

【※注:現役力士や部屋付親方が、将来部屋をおこすことを前提に、所属する部屋に在籍させる弟子のこと】

 当初はラーメン店を開く予定があったようだが、9代・宮城野(元小結・廣川)の娘との縁談が舞い込んで結婚。年寄・宮城野を襲名する。この親方就任劇は当時大きな話題となった。

「部屋どころか一門すら超えた就任劇である上、特例が認められたケースだったからです。金親は最高位が十両2枚目、通算24場所。親方襲名の条件には『十両と幕内通算30場所以上』という規約があるが、例外として『部屋後継者と認定された場合には十両と幕内通算20場所以上でよい』という規定がある。この例外が適用されたのが金親だったのです。

 これには当時理事長だった北の湖親方の後押しがあったといわれました。北の湖さんは面倒見が良いから、内弟子だった金親が角界で生きていけるよう、取りはからったのではないかということです」(相撲ジャーナリスト)

 宮城野部屋では9代目が急逝した関係で、金親が来た当時はすでに同部屋の力士だった竹葉山が10代目・宮城野を襲名していた。が、結婚に伴って金親が11代目となり部屋を継承、竹葉山は熊ヶ谷を襲名して部屋付親方となった。

 だが2007年、八百長騒動に関するトラブルが勃発。協会は金親が協会の品位を傷つけたとして言動を問題視し、2010年12月に開かれた理事会にて2人の名跡交換が命じられ、金親と竹葉山の立場が逆転した。

関連記事

トピックス