• TOP
  • 芸能
  • あぁ残酷なり 女子アナ界におけるヒエラルキーの実態とは?

芸能

2015.09.19 07:00  NEWSポストセブン

あぁ残酷なり 女子アナ界におけるヒエラルキーの実態とは?

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、女子アナのヒエラルキーについてするどく分析。

 * * *
 ある日曜日の午後、嵐の二宮和也くんの冠番組『ニノさん』(日本テレビ系)でチャンネルを切り替える手が止まった。

 やっていたのは新コーナー「芸能界 悲しみランキング」で、既に、元人気子役の細山貴嶺くん、『昼顔』(フジテレビ系)でブレイクした俳優の木下ほうかによる“悲しみ告白”が終わっていた。

 続いて出て来たのはフリーアナウンサー・栗原美季さん、41才。よく言えば落ち着いた雰囲気。悪く言えば年齢よりもずっと老けているし、疲れた感じに見える。

 女子アナにはかなり詳しいつもりの私でも、見たことも聞いたこともない…と思ったら、栗原アナの現在の仕事場は、「FM世田谷」だった。

 同局は三軒茶屋のキャロットタワー内にサテライトスタジオがあって、往年の歌手や、過去によくテレビで見ていたタレントたちがDJをしているのは知っていた。しかし、栗原アナが月~木の昼帯にメインで喋っている『Caf? les R』(カフェ レアール)という番組は用賀Aスタジオ…。どこ? 知らないわけである。

 で、栗原アナの悲しみは何かというと「ネタを作らないと生きていけないこと」。

 それはたとえば、誕生日にホールのケーキを買い、お祝いプレートの名前のところに「自分」と書いてもらう…という独身アラフォー女性の“あるある”の中でも悲しみ度のレベルがかなり高い名エピソードだった。

 だが、それより興味深かったのは、彼女がフリップを使い、アナウンサーらしく声を張ってキッチリ解説した「フリー女子アナの格差」と「仕事がとれる順番」だったのである。

 トップは「テレビ局の女子アナ出身」だと言い、元TBSの田中みな実アナや元フジテレビの高橋真麻アナの名前が記されていた。

 次は、「大手、セント・フォースに所属している」で、例として名前があげられたのは皆藤愛子や山岸舞彩。その都度、二宮和也が「よく(テレビで)見る方たち」と栗原アナの説に大きく頷いていたのが印象的だった。

 続いては「女性タレント、アイドル、モデル、女芸人」らが続く…と栗原アナは説明。ここではスタジオに居た柳原可奈子が苦笑しながら下を向いてしまった。

関連記事

トピックス