ライフ

廃墟探検が世界的流行の理由 奇界写真家・佐藤健寿氏が解説

テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)で話題のフォトグラファー佐藤健寿氏

 人気テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)で話題のフォトグラファー佐藤健寿さん。世界中の奇妙なものばかりを撮った『奇界遺産』や、監修を務めた『世界の廃墟』は、写真集としては異例のベストセラーとなっている。軍艦島の世界遺産登録もあり、今またじわじわと人気を集めている「廃墟」事情や、新たに発売した本邦初の本格的人工衛星写真集となる『SATELLITE』(朝日新聞出版)について聞いた。

――90年代のブーム以降も廃墟人気は根強く続いていますが、なぜ人は廃墟に惹かれるのだと思いますか?

佐藤:最近になってまた再流行している感じはありますね。今年の初めに出した「世界の廃墟」(飛鳥新社)もおかげさまで三刷となりました。90年代後半から廃墟のイメージというのは余り変化がなかったんですが、最近になりまた訪問する人が、特に若い人で増え始めているのかなと。世界的に、90年代の廃墟イメージが現代のゲームなどにも転用されて、今の若い人たちにいわばネタ元として再発見されているような節もあります。海外でいえば、人気ゲーム「サイレント・ヒル」のモデルになったゴーストタウンのセントラリアとか。

 あとは単純に、ネット発の旅行ブームみたいなこともあるのかなと思います。2000年ぐらいからネットが普及して、10年経ったところでネットやスマホの弊害を感じ始めたり、みんながモニターの中で完結する世界に疲れてきているのはあると思います。海外旅行会社のデータでは、旅行人口は減っているそうですが、いわゆる絶景本は売れているという奇妙な矛盾があります。

 それは多分、みんなが旅行会社で大文字の観光地に行かなくなっただけで、安価で人とかぶらない個性的な旅行をしたい、という要求が高まっているのかなと。その行き先として、廃墟や奇界遺産が注目されているというのは、旅行会社の人にもよく言われます。驚いたのは、廃墟の本を買う人は女性もすごく多いことですね。廃墟には非日常の世界を見ているような興奮があって、しかも、わりと安全に行けて、観光地にはないドキドキもある。そういうプチアドベンチャーみたいなものをみんなが求めているところもあると思うんです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン