ライフ

廃墟探検が世界的流行の理由 奇界写真家・佐藤健寿氏が解説

テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)で話題のフォトグラファー佐藤健寿氏

 人気テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)で話題のフォトグラファー佐藤健寿さん。世界中の奇妙なものばかりを撮った『奇界遺産』や、監修を務めた『世界の廃墟』は、写真集としては異例のベストセラーとなっている。軍艦島の世界遺産登録もあり、今またじわじわと人気を集めている「廃墟」事情や、新たに発売した本邦初の本格的人工衛星写真集となる『SATELLITE』(朝日新聞出版)について聞いた。

――90年代のブーム以降も廃墟人気は根強く続いていますが、なぜ人は廃墟に惹かれるのだと思いますか?

佐藤:最近になってまた再流行している感じはありますね。今年の初めに出した「世界の廃墟」(飛鳥新社)もおかげさまで三刷となりました。90年代後半から廃墟のイメージというのは余り変化がなかったんですが、最近になりまた訪問する人が、特に若い人で増え始めているのかなと。世界的に、90年代の廃墟イメージが現代のゲームなどにも転用されて、今の若い人たちにいわばネタ元として再発見されているような節もあります。海外でいえば、人気ゲーム「サイレント・ヒル」のモデルになったゴーストタウンのセントラリアとか。

 あとは単純に、ネット発の旅行ブームみたいなこともあるのかなと思います。2000年ぐらいからネットが普及して、10年経ったところでネットやスマホの弊害を感じ始めたり、みんながモニターの中で完結する世界に疲れてきているのはあると思います。海外旅行会社のデータでは、旅行人口は減っているそうですが、いわゆる絶景本は売れているという奇妙な矛盾があります。

 それは多分、みんなが旅行会社で大文字の観光地に行かなくなっただけで、安価で人とかぶらない個性的な旅行をしたい、という要求が高まっているのかなと。その行き先として、廃墟や奇界遺産が注目されているというのは、旅行会社の人にもよく言われます。驚いたのは、廃墟の本を買う人は女性もすごく多いことですね。廃墟には非日常の世界を見ているような興奮があって、しかも、わりと安全に行けて、観光地にはないドキドキもある。そういうプチアドベンチャーみたいなものをみんなが求めているところもあると思うんです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン