• TOP
  • 特集
  • 英出身カリスマブロガーがTENGA製品絶賛「世界でNo.1ね」

特集

2015.10.04 15:59  週刊ポスト

英出身カリスマブロガーがTENGA製品絶賛「世界でNo.1ね」

 スペイン・バルセロナにあるマンションの一室を訪れると、下着姿にシャツ1枚を羽織っただけの女性が現われた。彼女こそ「バイブの女王」の異名をとり、モデル、女優、作家の肩書きを持つセックスブロガー、ビーナス・オハラ氏(年齢非公開)だ。

 英国生まれのオハラ氏は2000年からスペインに在住。印刷会社で働いていたが、リーマンショック後の2009年からラブグッズの使用体験などを綴るブログ(http://venusohara.org/)を開始した。最近はブログ内で「セックストイ(ラブグッズ)実験室」を立ち上げ、実験室でのプレー動画をYouTubeで配信している。

「メーカーからセックストイをもらったのがきっかけで、すっかりはまってしまったの。これまでに数百個のトイを試したわ。マスターベーションが仕事になるなんて最高よ! 働きながら楽しめるんですもの。でも、私の家のお隣さんは激しいバイブの振動を感じて、ミキサーでオレンジジュースでも作ってるのかと思っていたみたい(笑い)」

 オハラ氏が世界の有名メーカー以上に高く評価するのが、日本メーカーの製品だ。

「TENGAのFINGER BALLは世界でもナンバー1ね。指先に装着するタイプで、形も触り心地も最高。自分の指を使ったマスターベーションの感覚にプラスして、バイブの刺激を味わうことができる。やっぱり、いくら技術が発達したといっても、伝統的なやり方も忘れてはならないと思うの。

 TWIN BALLは先端のボールを膣に入れてGスポットを刺激する。そしてもう一方のボールはクリトリスを刺激する……もう、アンビリーバブルなくらいの快感よ!」

 進化し続ける世界のラブグッズ。オハラ女史は今日も“体を張った”レポートで、快感を伝え続けている。

※週刊ポスト2015年10月9日号

関連記事

トピックス