• TOP
  • 特集
  • ジェームズ三木氏 森繁久彌さんの天才的な口説き文句を述懐

特集

2015.10.13 15:59  週刊ポスト

ジェームズ三木氏 森繁久彌さんの天才的な口説き文句を述懐

 高齢者になるともはや女性に対する欲望はなくなってしまうものなのか──脚本家・ジェームズ三木氏(80歳)がそういった通説について自説を語る。

 * * *
 僕の理想の女性は上品なスケベです。壇蜜とか、もう75歳だけど五月みどりもいいですね。女性の色っぽさは羞恥心からくるもの。だから羞恥心がある女性は何歳になっても色っぽいんだよ。

 そういう色っぽい女性を見ると口説きたくなりますね。27歳年下の家内には「使用済み燃料棒」「再稼働は無理」なんて言われてるけど(笑い)、僕は言葉だけでも口説きます。

 そもそも男というのは、どうやって女性を口説くかばかり考えている生き物なんです。若い頃、仲間内で口説き文句コンクールをやった時、文句なしで1位になったのは「君に突き刺さりたい」。今こんなことを言ったら逮捕されそうだけど、実際にやってみたら、女性は「ヤダ」なんて言いながらも、なかなか効果がありました。

 森繁久彌さんの口説き文句は「1回だけ、誰にも言わない」。年を重ねてからは「妊娠させない、いじるだけ」に変わったそうです。天才ですね。

●じぇーむす・みき/1935年旧満州生まれ。脚本家。歌手を経て1969年の映画『夕月』で脚本家デビュー。主な作品に連続テレビ小説『澪つくし』(1985年)、大河ドラマ『独眼竜政宗』(1987年)など。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号

関連記事

トピックス