• TOP
  • 特集
  • 月亭可朝「爺さんでも女性が寄ってこないことはないんやで」

特集

2015.10.15 15:59  週刊ポスト

月亭可朝「爺さんでも女性が寄ってこないことはないんやで」

 年を取ると男性は「オレはもうモテないのか……」と悩むことはあるだろう。しかし「そんなことはない」と語るのは落語家・月亭可朝氏(77)だ。同氏が自身の体験を語る。

 * * *
 ワシも弱くなってきて、今は1回か2回。年に? ちゃうがな、月にや。見くびったらアカンで(笑い)。
 
 男である以上、何歳になろうがバッターボックスに立つべきや。三振するかもしれへんけど、最近の若い子は昔と違ってよう知っとるで。ワシもたまにアカン時があるんやけど、「親子ともども元気がない……」とでも言うたら、女の子は「今日はここまでね」と、こっちが傷つかんようにやめてくれよる。

 だから、失敗を恐れずに女の股ぐらめがけて突撃すればええんですよ。その時、「最後まで」と思うとプレッシャーになる。「今日はアカン」と思ったら、食事だけでもええんです。ワシは必ず最後まで行きまっけどな(笑い)。

 ワシなんか、今でもええ女とすれ違うと、ついつい振り返ってしまうがな。今日も電車に乗って何回振り返ったことか(笑い)。いくつの爺さんになったって、若い女性が寄ってこないことはないんやで。意外と女性にとって、高齢者は安心感があるそうや。

 出会うきっかけなんてなんぼでもあります。犬の散歩をしているベッピンさんがいたら、犬の頭を「可愛いね~」言うて撫ぜたらええ。その行為で犬の飼い主は「私に気があるな」と思うからね。それだけで半分コマを進めたことになる。

 同年代の仲間と話をしていると、「バイアグラ使わなあかんようになったら、もうセックスやめる」とか「いつまでもエロ爺でいたくない」とか言い訳しよるけど、それは逃げやね。
 
 花火を上げれば大金がアッという間に消えるけど、「キレイやな」と思った瞬間に心の中にエネルギーが残る。セックスも同じで、やれば別のエネルギーとして帰ってくる。それがワシの元気の源や。

●つきてい・かちょう/1938年神奈川県生まれ。落語家。1958年にデビュー。3代目桂米朝に入門。1969年に出したコミックソング『嘆きのボイン』が80万枚の大ヒット。月亭八方は弟子。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号

関連記事

トピックス