• TOP
  • 芸能
  • 夏多忙の怪談家・稲川淳二 夏以外は何してるの?に回答

芸能

2015.10.24 07:00  NEWSポストセブン

夏多忙の怪談家・稲川淳二 夏以外は何してるの?に回答

夏以外は何してるかが判明

 この夏もテレビ番組やイベントの心霊企画に引っ張りだこだったという怪談家の稲川淳二(68才)。夏以外は何をしているのだろう? 400話を超える怪談話は、全部実話なの? そして工業デザイナーという意外な一面を持つ稲川だが、東京オリンピックの新国立競技場に関してはどう思っているのだろうか? そんな素朴な疑問の数々を本人にぶつけてみると、ゆっくり語り始めた。

 * * *
 そもそも怪談を始めるきっかけはね、40年くらい前に、オールナイトニッポンのプロデューサーに「怪談をやらないか」と言われたことなんです。ラジオでやったときに、すごく反響があったんですよ。

 怪談ライブは今年で23年目、2011年に前立腺がんになっても、公演を休んでいませんからね。あるとき、女性教授が怪談をやるというから聞いていたら、「赤い半纏、着せましょか」って歌って。「これは古典になりつつある」って言うから驚いたの。違う、それは私がいただいた便りを元に作ったんだって(笑い)。それだけ私の怪談が広まっているということ。

 夏は怪談ライブで全国を回っていますけど、秋・冬は何をやっているかといえば、“心霊探訪”をしたりしてますよ。心霊探訪といっても、心霊スポットに行っているわけではないんですがね。ネタ探しをしたり、気分転換にもなるし、デザインも考えられるし。そういう土地に行くと、怪談の破片が埋まっているんです。探しに行って何年か経ったりすると、この話とこの話が合うじゃないかとか。破片を組み合わせて形になっていく。そうやってひとつの怪談ができあがっていく。

関連記事

トピックス