• TOP
  • 特集
  • 女性カウンセラー 「男優の行為は女の願望とかけ離れてる」

特集

2015.10.25 15:59  週刊ポスト

女性カウンセラー 「男優の行為は女の願望とかけ離れてる」

「男性の女性器愛撫は、思い込みが強すぎます」。そう力説するのはセックスカウンセラーの愛花氏である。

「AVなどで見る愛撫が常識だと思っているのでしょうか、すぐに舐めたり指を挿入したりする男性が多いです。それが女性の願望とかけ離れていることを知ってほしいですね」

 愛花氏によれば、すぐにパンティを脱がせるのはNGだという。

「まずはパンティの上からソフトタッチを。ゆっくりとお尻と陰毛あたりから撫で、大陰唇、小陰唇、クリトリスへと指の腹を滑らせる。女性が徐々に感じてきたら、5本の指を優しくギターの弦を弾くように動かします。パンティを脱がせるのはそれからです」

 脱がせた後も焦ってはいけない。指の腹を使い、外陰部をマッサージするように緩急をつけて触り、徐々に内側に移行していくべきだという。

 小陰唇の愛撫も大事なポイントだ。

「ご自身の睾丸だと思って丁寧に愛撫してください。まずは外側を触り、次に左右を順番に指の腹でマッサージするか、撫で回す。クリトリスに行くのはその後です」(愛花氏)

 クリトリスは女性が最も感じる部分だが、皮がむけた状態でいきなり触るのは刺激が強すぎて女性が拒絶反応を示すこともある。

「唾液をつけて、包皮の上からそっとマッサージ。小陰唇を軽く開いて皮がむけているかどうかを確認し、皮がむけていればより刺激に敏感になっているので、唾液を多めにしてください」(愛花氏)

 舐める時は、膣口から上に向かってクリトリスを舐め上げる。「単調な動きのほうがイキやすい」(愛花氏)そうだ。

※週刊ポスト2015年10月30日号

関連記事

トピックス