ライフ

巨乳を1日だけ実現「シンデレラ豊胸」 サイズUPが半日持続

 女性の多くが一度は豊かなバストに憧れるもの。そんな憧れを1日だけ実現できる「シンデレラ豊胸」という施術があるという。美容外科医の上原恵理氏が解説する。

 * * *
「シンデレラ豊胸」は、胸に点滴用水を注入する手法で、1.5カップほどのサイズアップが半日程度持続します。「ふくよかなバストを体験してみたい」、「豊胸手術前に手軽にイメージをしてみたい」という方に人気です。

 施術時間は10~20分程度。局所麻酔を使用するので、手術中に痛みを感じることはありません。注射で注入するので、傷跡が残ることもありませんし、半日すれば尿として排出されて元の状態に戻るので、安心して試せます。

「もっと巨乳になりたい!」と望む方には「ハイブリッド豊胸」があります。これなら5カップのサイズアップも可能です。

 まずはプロテーゼというシリコンバッグを入れる手術で2カップ以上大きくした後、その上から脂肪を注入することにより、5カップのサイズアップも可能なのです。脂肪注入は、定着率が高くなるように不純物を取り除いた「ピュアグラフト」や、最新の「コンデンスリッチ」という手法で行ないます。

 料金はコンデンスリッチの方が30万円程度高くなりますが、脂肪の定着率がより高い。術中は全身麻酔を使いますが、1泊の入院で済み、翌日には術部を除いてシャワーも浴びられます。

【プロフィール】上原恵理(うえはら・えり):東京イセアクリニック銀座院院長。大学病院の形成外科・美容外科勤務を経て、平成25年に同院の院長に就任。豊胸や乳房再建の最先端術式を毎年数多く手掛けている。自ら施術も体験して患者の立場に立つという熱血医師だ。

※週刊ポスト2015年11月6日号

関連キーワード

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン