ライフ

巨乳を1日だけ実現「シンデレラ豊胸」 サイズUPが半日持続

 女性の多くが一度は豊かなバストに憧れるもの。そんな憧れを1日だけ実現できる「シンデレラ豊胸」という施術があるという。美容外科医の上原恵理氏が解説する。

 * * *
「シンデレラ豊胸」は、胸に点滴用水を注入する手法で、1.5カップほどのサイズアップが半日程度持続します。「ふくよかなバストを体験してみたい」、「豊胸手術前に手軽にイメージをしてみたい」という方に人気です。

 施術時間は10~20分程度。局所麻酔を使用するので、手術中に痛みを感じることはありません。注射で注入するので、傷跡が残ることもありませんし、半日すれば尿として排出されて元の状態に戻るので、安心して試せます。

「もっと巨乳になりたい!」と望む方には「ハイブリッド豊胸」があります。これなら5カップのサイズアップも可能です。

 まずはプロテーゼというシリコンバッグを入れる手術で2カップ以上大きくした後、その上から脂肪を注入することにより、5カップのサイズアップも可能なのです。脂肪注入は、定着率が高くなるように不純物を取り除いた「ピュアグラフト」や、最新の「コンデンスリッチ」という手法で行ないます。

 料金はコンデンスリッチの方が30万円程度高くなりますが、脂肪の定着率がより高い。術中は全身麻酔を使いますが、1泊の入院で済み、翌日には術部を除いてシャワーも浴びられます。

【プロフィール】上原恵理(うえはら・えり):東京イセアクリニック銀座院院長。大学病院の形成外科・美容外科勤務を経て、平成25年に同院の院長に就任。豊胸や乳房再建の最先端術式を毎年数多く手掛けている。自ら施術も体験して患者の立場に立つという熱血医師だ。

※週刊ポスト2015年11月6日号

関連キーワード

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン