• TOP
  • 特集
  • 女性心理療法士が明かす 性的倒錯者を治療するセラピーとは

特集

2015.11.03 15:59  週刊ポスト

女性心理療法士が明かす 性的倒錯者を治療するセラピーとは

スペインの心理療法士、マリナ・カストロ氏

 早漏や勃起障害で悩んでいる男性は多いが、一体どうすればこの悩みは解消できるのだろうか。これまで1000人を診察したスペインのセックス療法士・マリナ・カストロ氏が、セラピー治療のテクニックを明かす。

 * * *
 私はセックス療法士、心理療法士として男女個人や夫婦、恋人たちの性生活における悩みの相談を受け、治療に当たっています。

 夫婦やカップルで悩みを抱えている人たちは、性生活においてお互いに罪悪感を持っていることが多いですね。周りの人たちともセックスについて話をしないので、自分たちだけの間にある独特な問題だと錯覚してしまう。

 そのため「他のカップルは性生活に満足しているのに、自分たちだけが不満を抱えている」と思い込んでしまうのです。カップルの不満が性的なものでなければ心理療法で改善しますが、セックスをタブー視するような意識があれば、セックス療法士でなければ解決はできません。

 また、性的倒錯者、つまり変態であることで悩む患者さんのほとんどは、裁判所から強制的に私の所に送られてきます。ある男性患者は、公園など人前で性器を露出することに興奮していました。

 しかし、ある日彼は自分の妻が幼少期に男性に性器を露出され、ずっと性的被害妄想を抱えてきたことを知り、悩み始めました。そしてセラピーを受けて共感能力を養い、露出趣味はなくなりました。

 私自身の性生活ですか? 幸運にも問題はありません。夫はこの仕事に理解を示してくれていますし、性生活も順調です。もし悩みを抱えていたら、セックス療法士に診てもらうと思います(笑い)。

●マリナ・カストロ/1980年生まれ。スペイン・ジローナ出身。3児の母。バルセロナ大学で心理学を学び、セックス・カップル心理療法学の修士号を取得。個人クリニックで10年間に1000人の患者を治療した。

※週刊ポスト2015年11月6日号

関連記事

トピックス