• TOP
  • ライフ
  • 閉経前後の女性ホルモン低下の対策はモナリザタッチが効果的

ライフ

2015.11.05 16:00  週刊ポスト

閉経前後の女性ホルモン低下の対策はモナリザタッチが効果的

 10月11日、日本人の性事情を科学する学術団体、日本性科学会が学術集会を開催した。そこで婦人科医の関口由紀氏(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)が報告したのが、「萎縮した膣が締まって潤う膣フラクショナル炭酸ガスレーザー治療」についてだ。一体どんな治療なのか。

 * * *
 閉経前後から女性ホルモンの低下により膣の萎縮が起こると、膣の乾燥感や灼熱感、かゆみ、疼痛、性交痛、尿漏れなどの閉経関連性器尿路症候群(GSM)が起こります。

 一般的な治療法として女性ホルモンの経膣投与が用いられますが、女性ホルモンを使用できない患者さんもいます。

 そんな患者さんに有効なのが、昨年アメリカの食品医薬品局(FDA)に承認された膣フラクショナル炭酸ガスレーザー治療です。

 欧米では爆発的に普及しており、日本でも「モナリザタッチ」の名称で導入が始まっています。3回施術すると膣の灼熱感、乾燥、性交痛、ゆるみが改善するという論文がイタリアで発表されています。

 当院では今年の4月までに、8人の患者さんに1か月間隔で2回照射しました。3か月後または6か月後の経過観察が終了している4人に関しては、全員が膣の締まりが改善したと答えました。

 膣フラクショナル炭酸ガスレーザー治療では膣粘膜の細胞分裂が促されることにより膣に潤いが出て、膣内の環境がよくなり、さらに膣粘膜下のコラーゲンが造成されます。

 その結果、膣の締まりがよくなり、尿漏れや性交痛の改善にも効果が出るようです。施術中に膣口付近で強い疼痛を訴えた人が1人いましたが、他の7人は許容できる不快感だったといいます。まだ実績が少ないのですが、1年に1度の施術で効果を持続することができそうです。

※週刊ポスト2015年11月6日号

関連記事

トピックス