コラム

最新コラム記事のRSS

神ラジオ「テレフォン人生相談」の加藤諦三先生の言葉が秀逸すぎる!

2015.11.16 15:00

©iStock/VladimirGerasimov もしも、なにかのきっかけで絶望の淵に立たされたら

©iStock/VladimirGerasimov

もしも、なにかのきっかけで絶望の淵に立たされたら、または八方塞がりの状況に身も心も疲弊してしまったら…。

そんなとき、受話器を取る気力が残されていたなら、こんな駆け込み寺があるこということを是非覚えておいてほしい。ニッポン放送制作のラジオ番組『テレフォン人生相談』だ。

 
■名言の湧き出る泉、加藤諦三先生
1966年に始まった当番組は、実に半世紀に渡り、悩める相談者の駆け込み寺となっている。個性派ぞろいな回答者の中でも、この番組の真打ちとも言える『加藤諦三先生』を紹介したい。

早稲田大学名誉教授の社会学者で、心理学や精神医学にも造詣の深い加藤氏。著書は150冊以上にのぼり、生きることに疑問を抱いたことがある人なら、一度はその本を手にしているのではないだろうか。

 

彼の凄みは、悩みの根本に巣食う「問題の本質」を瞬時に見抜いてしまうところにある。

相続の相談をしているのに、いつの間に幼少期のトラウマを語らせられている相談者。彼らは「こんな話をするはずじゃなかった…」と戸惑いながらも、凝り固まった心をゆっくりと解いていく。番組の大きな見せ場である。

相談者の多くは、憑き物が落ちたようなカタルシスを迎え相談を終える。そしてリスナー一同溜飲を下げたところへ、加藤氏が締めの言葉を放つ。その締めの言葉はどれも、思わず背筋が伸びるような珠玉の名言揃いだ。

「やきもち・嫉妬は受身の人の攻撃性です」

 

「働きたくない気持ちは劣等感の症状です」

 

「誰かを人間のクズだと叫ぶ人は、誰か私を助けてと言っている」

 
■2007年2月8日放送:伝説のブチ切れ相談者
©iStock/John_Kasawa

そんな加藤氏に本質を突かれ、見事なブチ切れっぷりをかました相談者がいる。通称『逆切れおばさん』だ。65歳の元教師の女性。彼女は加藤氏の質問に淡々と答えていく。

「子供は2人です。長男が30歳。引きこもりです」

 

引きこもりは、母親ならば悩んで当然の由々しき問題。しかし、この相談者は違った。長男は、彼女が高額で買ったマンションに引きこもり、ひとり暮らしをしているという。

そして相談内容は『自分がそのマンションを使いたいので、長男を追い出したい』というものだった。

しかし、思惑は外れ、自分の問題を指摘された彼女。「問題はあなたにあるのでは?」という加藤氏の言葉に逆上し「その上から目線が癇に障ります!なんとかしなさいよ!」と言い放つ。

さらに「知ったかぶりなんかしないで!」といきり立ち、最後は「もういいです!」と言ってガチャ切りしてしまうのだ。ツーツーという虚しい音に続き、締めに入った加藤氏のお言葉が秀逸であった。

「コミュニケーションできない人は、人間関係の距離感がありません」

 
■元気で行こう、絶望するな!
本記事では稀有な回をご紹介したが、『テレフォン人生相談』は日々ドラマを生みだし、相談者との対話を通じてリスナーをも諭しつづけている。

思うところがあれば、ぜひ一度聴いてみてほしい。絶望するにはまだ早い! 加藤氏は問う。

「あなたが認めたくないものは何ですか?  どんなに辛くとも、それを認めれば道はひらけます」

 

【テレフォン人生相談】
月~金曜日/11:00~11:19
放送局:ニッポン放送

(文/しらべぇ編集部・フクダかづこ)

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP