• TOP
  • 国際情報
  • 潘基文氏 日本の歴史批判するが中国の侵略の歴史には黙る

国際情報

2015.12.02 07:00  SAPIO

潘基文氏 日本の歴史批判するが中国の侵略の歴史には黙る

朴槿恵氏と潘基文氏 Reuters/AFLO

 北京・天安門での抗日戦勝70周年記念行事(9月3日)に潘基文・国連事務総長が出席したことに対し、日本政府は強い遺憾の意を表明した。大規模軍事パレードなど今回の行事が特定の国(日本)を非難し、かつアジアに緊張をもたらしている軍事力を誇示するきわめて政治的なものだったからだ。

 世界の平和と安定、友好・協力を追求する国連の代表としてはふさわしくない行動というわけだ。ただ彼はすでにロシアでの対ナチ戦勝70周年行事にも出席している。日本としては不快、不満だが、国連の最高決定機関である安保理常任理事国に中国が加わっていることもあり、彼としては止むを得なかったかもしれない。

 それでも潘基文批判は大いにしなければならない。彼は天安門で朴槿恵大統領と並んで中国軍のパレードを観閲した。二人の韓国人は65年前に起きた中国軍の“韓国侵略”を忘れたかのようにパレードに見入っていた。中国軍は朝鮮戦争(1950―53年)で韓国を侵略したのではなかったか。

 あれだけ日本には「謝罪と反省」を執拗に要求し続ける韓国なのに、これまで中国に「謝罪と反省」を要求したという話はない。

 韓国にとって中国は侵略者だった。北朝鮮の〝奇襲南侵〟に対し韓国防衛のため国連軍が派遣されたが、その後の戦況は中国軍の介入・南下で実質的には国連軍と中国軍の戦いとなった。1953年の休戦協定には北朝鮮軍、国連軍、中国軍が調印している。

 国連の70年の歴史の中で、国連軍は朝鮮戦争での派兵が規模も犠牲も最大だった。しかもその舞台は韓国(朝鮮半島)だった。韓国出身の国連事務総長がよく平気で(?)あの行事をながめることができたものだ、というのが筆者がまず気になったところだ。

 潘事務総長はことあるごとに日本の過去の歴史に関して批判的発言をしているが、中国の“侵略の歴史”には何もいえない。これでは日本批判の資格などない。

関連記事

トピックス