• TOP
  • 特集
  • ED男性に朗報 2割ほど膨張すれば性の楽しみは享受できる!

特集

2015.12.13 15:59  週刊ポスト

ED男性に朗報 2割ほど膨張すれば性の楽しみは享受できる!

 60~70代にもなれば、どうしても下半身の元気も衰えがち。しかし勃起できないからといって性の楽しみを享受できないわけではない。川崎医科大学附属病院・泌尿器科の永井敦教授は「勃起できなくても射精はできる」と断言する。

「ペニスが完全に勃起しなくても、2~3割ほど膨張すれば射精は可能です。バイブレーターを亀頭や陰茎に当て続けると、その刺激で射精に至るという話をEDの患者さんからよく聞きます」

 そもそも勃起とは、リラックスした状態の時に起きる副交感神経の反射。一方、射精は脳内の神経を興奮させる物質・ノルアドレナリンが放出されて交感神経が優位に働くことで起きる。つまり反応する神経が異なっているため、射精には必ずしも勃起が必要ではないのだ。

「ただし、男性のオーガズムと射精はイコールですので、射精しないとオーガズムは得られません。とはいえ、射精できない人でも、性器を愛撫されたりするとオーガズムに近い性的快感を得られることもあります。セックス中は五感が鋭敏になるので、昔のセックスの記憶が呼び起こされて、射精がなくても性的快感と錯覚する可能性もあるのです」(永井医師)

※週刊ポスト2015年12月18日号

関連記事

トピックス