• TOP
  • ビジネス
  • ビギナーでもできるFXシストレ 得する人と損する人の違い

ビジネス

2015.12.18 16:00  NEWSポストセブン

ビギナーでもできるFXシストレ 得する人と損する人の違い

PR

ストラテジーの状態や特徴が一目で分かるステータスアイコン

 資産運用の手段として、すっかり定着しているFX(外国為替証拠金取引)。取引方法はいろいろとあるが、ここ1~2年、人気が急上昇しているのが自動売買の「システムトレード」だ(以下シストレ」)。

 一定の取引ルールにしたがって、「売り」や「買い」を自動的に行なうため、仕事中や寝ている間でも取引が可能。しかも、その「ストラテジー」と呼ばれる売買プログラムはいくつもあり、いずれもプロの投資家が過去の為替の値動きを綿密に分析して作成したものなので、FXに関する知識や経験のないビギナーでも、プロ並みの運用をすることができる。これからFXを始めようという普通のサラリーマンやOL、主婦にうってつけの方法なのである。

 このように誰でも手軽に始められる点が魅力のシストレだが、当然、すべての人が利益を上げているわけではない。ちゃんと利益が出ている人もいれば、損失が出ている人もいるのだ。その差はどこからくるのだろうか?

 実は、その答えはハッキリしている。シストレが成功するカギは“相場に合ったストラテジーを選ぶこと”に尽きるのだ。プロの投資家が作ったストラテジーといえども、どんな相場でも利益を上げられる“万能ストラテジー”はない。乱高下する相場に強い、あるいは、値動きが乏しい相場に強いなど一長一短がある。それを見極めて、相場に合ったストラテジーを選べれば利益を上げやすくなる。

 と、ここまでくるとガッカリする人もいるだろう。「シストレはFXの知識や経験がなくてもできるのが魅力なのに、ストラテジーを選ぶノウハウは必要なのか……」。たしかに、シストレは気軽に始めることができるとはいっても、ストラテジー選びは避けられない。しかし、ビギナーでも相場に合ったストラテジーを選べる工夫をしているFXサービスはいくつかある。その代表的な存在がインヴァスト証券の『シストレ24』だ。

『シストレ24』では、「Myシストレ24」という独自の取引ツールを提供しており、そこではストラテジーごとに、特徴を表わす「ステータス」というアイコンを付けている。ステータスには、「コツコツ」「一発」といった取引傾向を表すものから、「好調」「利益更新中」や「不調」「連敗更新中」など、現在の状態を示すものなどいろいろ。ひと目でそのストラテジーのタイプと成績が分かる。

 また、『シストレ24』には世界最多の約9000種類超のストラテジーがあり(※1)、その中から毎週10本を「イマコレ」に認定している。イマコレは、取引の特長や成績を分析し、“イマ”の相場に合うストラテジーを、FXに精通したスタッフが厳選したものだ。イマコレを選べば、利益を出せる可能性は高くなる。つまり、シストレ成功のカギであるストラテジー選びに関しても、プロのノウハウを利用することができるのだ。

 こうした工夫の結果、『シストレ24』の口座数は国内ナンバーワン(※2)。合計8万口座を超え、インヴァスト証券1社だけで国内のシストレ(ミラートレーダー)口座数の大半を占めているという。

 しかし、ここでも疑問が浮かぶ人がいるかもしれない。『シストレ24』を使っている人全員が利益を出しているのか? やはりと言うべきか、利益を出している人がいる一方、損失を出している人もいる。では、その違いはどこにあるのか。インヴァスト証券のシストレ24専用ツール「Myシストレ24」の開発担当者であり発案者の「金の卵おじさん」(シストレ24ブログのハンドルネーム)に話を聞いた。

「おかげさまで、イマコレは多くの方々に利用してもらっています。ただ、中には、選びっぱなしという人がいます。選びっぱなしにしておくと、思うような成果を上げにくくなります。

 イマコレのストラテジーは毎週金曜日に10本選んでいます。その時点でベストと考えられるものを選んでいますが、1週間経つと成績が落ちてくるものもあります。そこで、調子が悪くなったものを、成績が上がってきたものと入れ替えます。そして、入れ替えの対象となったストラテジーを選んでいた人は、同じタイミングで入れ替えを検討して欲しいと思います。この1週間に1度のストラテジーのメンテナンスで、成績に違いが出るはずです」(金の卵おじさん)

 何にもしなくても利益が出せるというのは、やっぱり虫がよすぎる話。最低限の手間は必要なのである。

 なお、『シストレ24』の公式攻略サイトには、前述の「金の卵おじさん」の攻略ブログの他にも様々な攻略ブログが掲載されている。その中のひとつ「イマコレ」ブログでは、イマコレを入れ替えた理由や、各ストラテジーの特徴、運用にあたっての注意点が、担当者によって分かりやすく書かれている。

 さらに、希望者にはイマコレや注目ストラテジーの詳細情報が詰まったレポートを毎週メルマガで配信するなど、メンテナンスがしやすい工夫が施されている。投資家にとっては、週に1回のメンテナンスと分かりやすいナビゲートでプロのFX取引を実現できるのは、現在あるFX取引におけるベストに近い方法といえるかもしれない。

【※1】ミラートレーダー取扱業社中 ストラテジー数世界No.1 2015年10月1日トレーデンシー社調べ
【※2】国内ミラートレーダー取扱業社中 口座数No.1 2015年10月1日トレーデンシー社調べ

関連記事

トピックス